高津区版 掲載号:2020年6月19日号 エリアトップへ

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる まちのこぼれ話 第12話 その1 長岡 榮子さん

掲載号:2020年6月19日号

  • LINE
  • hatena

◆幼いころのこと

 私は生まれた時から北見方に住んでいます。7人兄妹で育ちました。

 食事は家族そろって箱膳で頂いていました。小さい頃は台所の半分が板の間で、その板の間で食べていました。

 父は瓦を作る仕事をしておりました。多摩川の河原の土が粘土質で瓦の材料にとてもいいのでこちらの地に住むようになったのです。最初は二子新地にいたのですが、坂戸に引越し、その後北見方に移り住んだのです。土を採掘して、こねて、整形して大きな窯で焼き上げる、そういう仕事です。屋根を葺くところまでやっておりました。昔からの日本瓦で銀色に光る瓦でした。その仕事ができるのは神奈川県に2軒しかありませんでした。父がどこでどのように技術を習得したのか聞いておかなかったので残念に思っています。

 作業をするため家の土地は結構広かったです。形成した瓦を乾燥させるために、真っ平な地面にずらーっと並べておりました。叔父や職人さんが数人一緒に働いていました。兄は身体が弱かったし、戦後は時代が変わってきて瓦の需要も減ったので、子ども達は誰も瓦の仕事を継がなかったんですが、叔父がとてもよく働く人で、後に瓦店を自分で立ち上げて営むようになりました。すぐ下の弟が実家を継いで母と住んでいたんです。でも火事で実家が焼けて、その時に亡くなってしまいました。
 

高津区版のコラム最新6

教えて!職人さん

教えて!職人さん

vol.20 豪雨や台風に備え万全の雨漏対策を【3】

9月24日号

意外と知らない!?ボウリングの魅力

地元・溝口「ムサシボウル」所属プロが解説!

意外と知らない!?ボウリングの魅力

第11回 「感染症防止対策」について

9月24日号

GO!GO!!フロンターレ

違っているから、おもしろい!

不定期連載コラム

違っているから、おもしろい!

第1回 外国人の「ゴミ出し」について

9月17日号

溝ノ口劇場

溝ノ口劇場

平日お昼の人気企画、約一年ぶりに開催します。

9月10日号

GO!GO!!フロンターレ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook