高津区版 掲載号:2020年7月17日号 エリアトップへ

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる まちのこぼれ話 第12話 その5 長岡 榮子さん

掲載号:2020年7月17日号

  • LINE
  • hatena

◆当時の生活

 この辺は農家が多かったから食べ物に苦労はしなかったです。お米は穫れなかったけど麦は穫れたの。だから少しのお米に麦をいっぱい入れて炊いていました。混ぜて炊くと、麦が上の方に浮いてお米が下の方に沈んで炊きあがるでしょう?母がね、お弁当を作る時に、下の方のお米のところを掬って入れてくれていたの。親心だったのねえ…。小麦も穫れたので、すいとんなんかも食べていました。私が小さい頃のごちそうといったら、お刺身とサメの肉。サメの肉はね、白身魚みたいな感じで骨もなくて柔らかくて美味しかったですよ。衣類は二子新地の近くに太田屋という店で買っていました。古い方が物がしっかりしていて良かったです。新しいものは生地がペラペラでだめでしたね。

 お祭りは北見方の白髭神社でやっていました。祭囃子は代々決まった家の人がやることになっていました。正福寺の近くに住む、「囃子のエイちゃん」と呼んでいた家が担当していました。毎年、お祭りが近づくと練習する音が聞こえてきてあぁお祭りの時期が来たなと思ったものです。お神輿は記憶に残っていないですね。お芝居はやっていましたよ。村の人がやる年と本職がやる年があってすごく面白かったです。お祭りの日の我が家のごちそうが楽しみだったわ。お赤飯、お煮しめ、てんぷらなどね。お正月と同じでした。
 

高津区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

いきいきスマホサロン

(2)アイコンに慣れよう

いきいきスマホサロン

10月8日号

違っているから、おもしろい!

不定期連載コラム

違っているから、おもしろい!

 第2回 「言葉の違い」は驚きもイッパイ!

10月8日号

GO!GO!!フロンターレ

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook