高津区版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

区子連橘地区 「もっと活動内容、知って」 案内チラシを作成、配布

コミュニティ教育

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena
完成したチラシを手にする(写真左から)亀山さん、佐藤さん、北見さん、小林さんの4人
完成したチラシを手にする(写真左から)亀山さん、佐藤さん、北見さん、小林さんの4人

 「高津地区」と「橘地区」に、合わせて31団体ある子ども会で構成される「高津区子ども会連合会」(通称・区子連)。このうち、橘地区のメンバーが先頃、活動内容のあらましなどを掲載した案内チラシを作成。現在、地区内にある小学校で配布が始まっている。

 このチラシは、地域団体である「子ども会」という組織を再認識してもらうと共に、活動のあらましなどを紹介。楽しさや地域との一体感などといった存在意義をより多くの子どもとその保護者に知ってもらい、加入促進につなげていこうというもの。地区内にある6つの小学校(橘、新作、末長、子母口、久末、坂戸)の全校児童分として約5千枚を印刷し、各小学校の学校長の協力を得て現在、配布が始まっている。

コロナ禍、出来る事を

 中心となりこのチラシ制作を手掛けたのは昨年「橘地区子ども会」の会長に就いた佐藤健一さんをはじめ「久末大空子ども会」「千年子ども会」「蟹ヶ谷ひかり子ども会」で、それぞれ育成会長を務める亀山謙さん、北見紀子さん、小林博志会長さんの計4人。レイアウトは「千年新町子ども会 」の育成会長、保科卓也さんが担当した。

 佐藤会長は「今年は高津区子ども会連合会が70周年ということもあり、新型コロナウイルスがまだまだ心配される中でも、できる事を模索してきた。学校教育と家庭教育のお手伝いとして、子ども会の役割をいま一度知って頂くキッカケになれば」と話している。

※今号中面「人物風土記」に関連記事を掲載
 

高津区版のトップニュース最新6

新規ワクチン「打ち止め」へ

高津市民館

新規ワクチン「打ち止め」へ 社会

今後「3回目会場」可能性も

10月22日号

逆境乗り越え、全国へ

坂戸小合唱団

逆境乗り越え、全国へ 文化

新メンバーで「一致団結」

10月22日号

水道の歴史、資料で探る

川崎市給水開始100年

水道の歴史、資料で探る 文化

溝口・ふるさと館で企画展

10月15日号

水位上昇に「警告灯」

平瀬川

水位上昇に「警告灯」 社会

東日本台風受け、区が導入

10月15日号

「プペル」バレエで表現

洗足学園大卒業生ら

「プペル」バレエで表現 文化

本日より動画公開

10月8日号

資源物持ち去り、罰金も

川崎市

資源物持ち去り、罰金も 社会

来年4月施行目指す

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook