多摩区版 掲載号:2012年10月26日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

新宿血管外科クリニック 女性の半分がかかる下肢静脈瘤とは 治療実績3264症例 阿部院長に聞く

もっとも発症しやすいと言われる「伏在静脈瘤」
もっとも発症しやすいと言われる「伏在静脈瘤」

 女性の約半分が潜在的に抱えていると言われる「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」。これは、疾患だと認識していない、または治療の必要を感じずに放置している人がほとんどという。症状は、足のむくみやかゆみ、倦怠感のほか、血管が表面に薄く浮いて見えたり、血管の盛り上がっている状態も含まれる。

 新宿駅近くの「新宿血管外科クリニック(阿部吉伸院長)」は、下肢静脈瘤専門のクリニック。女性中心のスタッフで、言いにくい悩みも打ち明けやすい雰囲気作りを行っている。

 下肢静脈瘤の主な原因として「遺伝」「妊娠・出産でホルモンバランスが崩れた」「長時間の立ち仕事をしている」と、阿部院長は指摘する。

 同クリニックでは、細いファイバーを血管内に入れ、静脈瘤を照射し血管の詰まりを改善するレーザー治療を導入。「血管内部の損傷が少なく、安全性の高い治療法です。30分前後で切らずに治療できます。傷跡もほとんど残らず、痛みも少ない治療法です」と阿部院長。

 下肢静脈瘤は血管が膨らむだけでなく、痛みや体のだるさ、むくみなど日常生活に支障をきたす場合も多いという。阿部院長は「表面の色素沈着やできものができたりと重症に発展するケースも多いため、早期発見・治療を」と話す。

 なお、無料患者様説明会を実施中。詳細は問合せを。
 

新宿血管外科クリニック

東京都西新宿1-23-1TK新都心ビル10F

TEL:0120-798-300

http://sbc-kekkan.com/

多摩区版のピックアップ(PR)最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク