多摩区版 掲載号:2013年6月21日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

新宿血管外科クリニック 女性の半分がかかる下肢静脈瘤とは 治療実績4611症例(1991年から現在)阿部院長に聞く

 女性の約半分が潜在的に抱えていると言われる「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」。しかし、これを疾患だと認識していない、または治療の必要を感じずに放置している人がほとんどという。症状は、足のむくみやかゆみ、倦怠感の他、血管が表面に薄く浮いて見える、血管の盛り上がっている状態も含まれる。

 新宿駅近くの「新宿血管外科クリニック」は、下肢静脈瘤専門のクリニック。6月には横浜駅東口直結、スカイビル内に横浜院も開院した。下肢静脈瘤の主な原因は「遺伝」「妊娠・出産でホルモンバランスが崩れた」「長時間の立ち仕事をしている」等と指摘する。

 同院では細いファイバーを血管内に入れ、静脈瘤に照射し血管の詰まりを改善するレーザー治療を導入。「血管内部の損傷が少なく、安全性が高い。切らずに30分前後で施術でき、傷跡もほとんど残らず、痛みも少ない治療法」と阿部院長。

 下肢静脈瘤は血管が膨らむだけでなく、痛みや体のだるさ等、日常生活に支障をきたす場合も。阿部院長は「表面の色素沈着やできものができたりと重症に発展するケースも多いため、早期発見・治療を」と話す。

A:新宿血管外科クリニック B:SBC新宿近視クリニック横浜

A:東京都新宿区西新宿1-23-1TK新都心ビル10F B:横浜市西区高島2-19-12横浜スカイビル16階

A:0120-798-300

A/B:http://sbc-kekkan.com/

12月オープン!川崎寺子屋食堂

4月8日(日)新年度・生徒向け最終説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のピックアップ(PR)最新6件

賃貸からマイホーム取得へ

3/24(土)・25(日)完成見学・販売会

賃貸からマイホーム取得へ

3月16日号

桜さくら ら・ら・ら

春らんまん♪桜特別号

桜さくら ら・ら・ら

3月10日号

家事のお願い上手になろう

家事仕事のマッチング

家事のお願い上手になろう

3月9日号

相続した空家の悩みを解決する「7種類の土地の利用法」

絵本通じて「多様性」楽しむ

川崎市「いろいろブックフェア」

絵本通じて「多様性」楽しむ

3月9日号

「あなたの家事力、仕事に活かせませんか」

アルテリッカ多摩区公演

柳家三三と春風亭一之輔、人気落語家の競演が多摩区で実現

http://www.artericca-shinyuri.com/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク