多摩区版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

実物大『進撃の巨人』川崎に 4月、ラゾーナでイベント

文化

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena

 別冊少年マガジンで連載中の人気漫画『進撃の巨人』。同作品の累計3000万部発行を記念したイベントが4月に川崎駅前のラゾーナ川崎で行われる。同作品の編集者で、高津区在住の川窪慎太郎さん(31)がイベントを企画。プロジェクションマッピングという技術で作品に登場する60m級の巨人を出現させる。

 『進撃の巨人』は、講談社の別冊少年マガジンで諫(いさ)山(やま)創(はじめ)氏が2009年に連載を開始した作品。巨人が支配する世界を描いた同作品はヒットし、現在12巻のコミックスや関連作品が発行されている。

 編集者として同作品を支えているのが、高津区在住の川窪慎太郎さん=人物風土記で紹介=だ。川窪さんは以前から巨大な造形物やポスターで作品に登場する巨人を表現したいと模索していたという。そこで広告代理店に勤める友人から紹介されたのがプロジェクションマッピングだった。

 プロジェクションマッピングは、建物に映像を投影する表現技術。「ビルさえあれば実物大の巨人を再現できる」と川窪さんは開催可能な場所を探し、ラゾーナ川崎を選定。川崎市などの協力を得て、イベントの開催が決定した。川窪さんは「地元で開催できるのは嬉しい」と話す。

 日程は次の通り。4月10日(木)(午後8時頃〜・8時半頃〜)、4月12日(土)(午後7時頃〜、7時半頃〜、8時頃〜、8時半頃〜)、4月13日(日)(午後7時頃〜、7時半頃〜、8時頃〜、8時半頃〜)。

多摩区版のトップニュース最新6

3公園の将来像考える

登戸土地区画整理

3公園の将来像考える 社会

住民ら28人、意見を集約

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

あす催し、まちに活気を

多摩区観光協会

あす催し、まちに活気を 社会

「緑地と水辺」 拠点に団結

10月16日号

緑地保全へ運動続く

西生田4丁目

緑地保全へ運動続く 社会

今月、歩く会に20人超

10月16日号

逆風も登戸上昇維持

多摩区基準地価

逆風も登戸上昇維持 経済

遊園駅周辺 商業地で顕著

10月9日号

取材・執筆し新聞創刊

市内青少年グループ

取材・執筆し新聞創刊 教育

「子どものまち」活動PRへ

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク