多摩区版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

実物大『進撃の巨人』川崎に 4月、ラゾーナでイベント

文化

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena

 別冊少年マガジンで連載中の人気漫画『進撃の巨人』。同作品の累計3000万部発行を記念したイベントが4月に川崎駅前のラゾーナ川崎で行われる。同作品の編集者で、高津区在住の川窪慎太郎さん(31)がイベントを企画。プロジェクションマッピングという技術で作品に登場する60m級の巨人を出現させる。

 『進撃の巨人』は、講談社の別冊少年マガジンで諫(いさ)山(やま)創(はじめ)氏が2009年に連載を開始した作品。巨人が支配する世界を描いた同作品はヒットし、現在12巻のコミックスや関連作品が発行されている。

 編集者として同作品を支えているのが、高津区在住の川窪慎太郎さん=人物風土記で紹介=だ。川窪さんは以前から巨大な造形物やポスターで作品に登場する巨人を表現したいと模索していたという。そこで広告代理店に勤める友人から紹介されたのがプロジェクションマッピングだった。

 プロジェクションマッピングは、建物に映像を投影する表現技術。「ビルさえあれば実物大の巨人を再現できる」と川窪さんは開催可能な場所を探し、ラゾーナ川崎を選定。川崎市などの協力を得て、イベントの開催が決定した。川窪さんは「地元で開催できるのは嬉しい」と話す。

 日程は次の通り。4月10日(木)(午後8時頃〜・8時半頃〜)、4月12日(土)(午後7時頃〜、7時半頃〜、8時頃〜、8時半頃〜)、4月13日(日)(午後7時頃〜、7時半頃〜、8時頃〜、8時半頃〜)。

多摩区版のトップニュース最新6

規模抑え、静かに開催へ

あじさいまつり

規模抑え、静かに開催へ 社会

2年ぶり 妙楽寺で20日

6月11日号

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

花々の成長、仲間と支え

星ヶ丘広場美化の会

花々の成長、仲間と支え コミュニティ社会

「名物おじいちゃん」の思い

6月4日号

球技専用スタジアムに

等々力陸上競技場

球技専用スタジアムに スポーツ

陸上は補助競技場改修へ

6月4日号

経験糧に、活気づけ

多摩区観光協会

経験糧に、活気づけ コミュニティ経済

あす 第2回ピクニックラリー

5月28日号

子どもの安全、一丸で

登戸事件きょう2年

子どもの安全、一丸で 社会

多摩区「見守りの日」継続

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter