多摩区版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

大ヒット漫画「進撃の巨人」のチーフ編集者を務める 川窪 慎太郎さん 高津区在住 31歳

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena

『巨人』進撃、陰の立役者

 ○…別冊少年マガジンで連載中の大ヒット漫画『進撃の巨人』のチーフ編集者を務める。作者の諫山創(いさやまはじめ)氏とは、講談社入社1年目からの付き合い。作品持ち込みの電話を取ったのがきっかけだった。新人編集者と新人作家の出会いは、累計3000万部を売り上げる人気作品に成長した。自分が携わる作品が世に出る。それが編集者としての醍醐味という。「博打を打っているみたい。正解がなく『きっとおもしろい』というものを作っているだけ。読者の反響が全て。それがおもしろい」。現在は週刊作品1本、月刊作品3本を担当、デビュー前の新人作家の育成など忙しい日々を送る。

 ○…幼少のころから高津区で暮らし、洗足学園附属の幼稚園と小学校に通った。小学校ではドッヂボールに夢中になり、大会で神奈川3位になったことも。中学、高校は横浜の学校に通うが、毎週のように溝口で遊んだ。溝口には行きつけの美容院があり、10年以上通い続けている。

 ○…東京大学を卒業し、講談社に入社。学生時代は小説や漫画を読むのが大好きだった。しかし、就職先を選ぶ際の一番の基準は「スーツを着たくない、満員電車に乗りたくないだった」と明かす。自分の趣味と条件が満たされたのが、出版社だったという。一番好きだった作品はサッカー漫画『シュート』。小学校の帰り道、近所のコンビニで時間を忘れて漫画を読み続け、遅くなると親がコンビニに迎えに来た。

 ○…会社での目標は「全社員に僕のことを好きになってもらうこと」なのだとか。「自分はわがまま。わがままを聞いてくれる環境を作りたいから、まずは好きになってもらいたい」。本気なのか、冗談なのか、爽やかな笑顔で語る。確かに就職先を選ぶ基準も「わがまま」だった。「自分がおもしろいと思う作品を世に出す」という「わがまま」も貫いている。ヒット作品が生まれた理由を垣間見た気がした。

多摩区版の人物風土記最新6

関山 浩司さん

登戸区画整理事務所の所長に、今春就いた

関山 浩司さん

長尾在住 55歳

6月18日号

金丸 照光さん

多摩区PTA協議会の会長に先月就いた

金丸 照光さん

枡形在住 48歳

6月11日号

加藤 健太さん

水球チーム「コンバット」監督として全国を制し、新体制で夏に挑む

加藤 健太さん

長尾在住 30歳

6月4日号

中川 龍太郎さん

多摩川を舞台にしたHulu配信ドラマ「息をひそめて」の監督・脚本を務めた

中川 龍太郎さん

登戸在住 31歳

5月28日号

斉藤 幸伸丸(こうしんまる)さん(本名:斉藤伸介)

プロボクサーとして7月26日、42歳で再起戦に挑む

斉藤 幸伸丸(こうしんまる)さん(本名:斉藤伸介)

川崎新田ジム所属 42歳

5月21日号

吉田 祐記さん

多摩川流域で研究する(一財)エコロジカル・デモクラシー財団の事務局を担う

吉田 祐記さん

堰在住 36歳

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter