多摩区版 掲載号:2014年3月28日号 エリアトップへ

競輪宿舎を地域に開放 4月中の利用開始を予定

社会

掲載号:2014年3月28日号

  • LINE
  • hatena
幸区内にある選手宿舎「小向会館」
幸区内にある選手宿舎「小向会館」

 川崎市は、年間80日程度しか利用されていない川崎競輪の選手宿舎「小向会館」(幸区小向西町4の110)を地域開放する準備を進めている。開放するのは、ロビーや会議が行える大部屋など施設の一部。市は利用方法などの策定を進め、4月中の地域開放を予定している。

 選手宿舎は不正を防止するために出場選手が開催日前日から入る施設。1999年に約19億2千万円を投じて市が整備した。定員は144人で選手が寝泊まりする宿泊室をはじめ、食堂や浴室、トレーニング室などを完備する。施設維持費は警備費や清掃費で年約1千万円、光熱費も約1600万円に上る。

 ただ、施設が利用されるのは、年20回開催される川崎競輪(通常1開催約3日間)の開催期間とその前後の日、合わせて80日程度。残りの約280日は全く利用されていない。多額の維持費がかかりながらも施設が有効活用されていないのが現状だ。

 地域開放は建設時から検討され、地域の要望を受けて市が昨年、利用方法などの策定に着手した。

 開放が予定されているのは、ロビーや会議が行える大部屋など施設の一部。宿泊室やトレーニング室などは、選手の不正防止や維持管理費が現在より膨らむため見送られる。

 利用料金は光熱費や管理費等を実費で徴収するとしている。

 市公営事業部では「地域住民の意見を聞きながら開放を進めていきたい」としている。

多摩区版のローカルニュース最新6

エコバッグ活用へ

エコバッグ活用へ 経済

長沢商店会、思いつなぐ

6月11日号

意識広がる 店頭ポスター

意識広がる 店頭ポスター 経済

多摩区商連×多摩エコスタイル

6月11日号

今年も「写真供養」受付

【Web限定記事】川崎写真師会

今年も「写真供養」受付 文化

市内4カ所で14日から

6月11日号

電気自動車 身近に体感

向の岡工高

電気自動車 身近に体感 教育

日産が出前授業、生徒66人

6月11日号

県議の所属委員決まる

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter