多摩区版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

内部被ばくを考えて 市民団体が27日に学習会

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena

 市民団体「地域から平和を考える会」が27日、学習会「川崎は大丈夫?『内部被ばく』」を多摩市民館で開く。

 講師は、さがみ生協病院内科部長の医師、牛山元美さん。福島第一原発の事故後、毎月、郡山市に出向いて現地で医療活動に取り組んできたという。昨年3月にはベラルーシを訪問し、事故後27年が経過したチェルノブイリの状況を視察。こうした活動を通じて内部被ばく問題に関する講演を各地で行っている。

 主催する同会は「大気中には今も毎日放射能が放出され、海に流れ込む汚染水を止めることができない。川崎ではどうなのか、なかなか情報が得られない内部被ばくについて考えてみませんか」と呼びかけている。

 会場は多摩市民館4階第1会議室。午後1時30分から4時30分まで。参加希望者は直接会場へ。子どもの保育が必要な場合は23日までに申し込みが必要。問い合わせ・申し込みは木村さん(【携帯電話】090・7744・9460)。

多摩区版のローカルニュース最新6

講座で学ぶ子育て支援

7カ月ぶり「おかえり」

バスケB1川崎BT

7カ月ぶり「おかえり」 スポーツ

とどろきアリーナで2連勝

10月16日号

のらぼう愛、本に託し

のらぼう愛、本に託し 文化

高橋さん 市長へ20冊寄贈

10月16日号

「エコバッグ作ります」

「エコバッグ作ります」 社会

販促や記念品に

10月16日号

回覧板 ウェブで発信

回覧板 ウェブで発信 社会

菅町会 再確認に活用

10月16日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク