多摩区版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

(PR)

運動機能の維持が「鍵」 パーキンソン病は怖くない 登戸内科・脳神経クリニック

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena

 何もしていないのに手足が震える、顔の表情が動きづらい――などの症状を伴うパーキンソン病。脳内で起こる神経伝達の異常が原因で、症状が進むと車いすや寝たきりになる人も多く、まだまだ不治の病というイメージが強い。

 「パーキンソン病の発症そのものは予防できなくても、適切な治療で日常生活を維持することはできる」と話すのは登戸内科・脳神経クリニックの加茂力院長。パーキンソン病の症状を抑える薬は近年、高い効果が認められているものが増えているという。40代でパーキンソン病を発症した男性の例をあげると、完治はせずとも運動機能を維持していくことで日常生活を過ごし、70代の今でも普通に生活しているという。

 加茂院長は「パーキンソン病はいきなり体が動かなくなるわけではありません。発症しても3年、5年、15年と病状を診て、現状より悪化しないよう治療を進めます。長期にわたる治療のなかで最も大切なのは、運動機能を維持することです。正しい早期診断と適切な治療、リハビリは欠かせません」と話す。

 専門医の適切な指導があれば、パーキンソン病は「うまくつきあっていく病気」になりつつある。「一番怖いのは、ただの加齢による老衰だと思っていた症状が実はパーキンソン病によるものだった時。知らずに時間が経過し、症状が進んでしまう」と加茂院長。最近では、老人ホームでケアマネジャーがパーキンソン病患者を発見するケースもあるという。

 長年治療を続けても、症状が進んでしまい内臓の動きや嚥下の機能を維持できず、薬を飲みこめない状態になると治療を諦めたくなる患者も多い。

 加茂院長は「家族が弱っていくのをそばで見ているだけなのは辛すぎる。本人の意向はあるが、効く薬があるなら、胃ろうまでは進めたい」と持論を語る。

 「さまざまな治療法がある。患者や家族、医師に治療を諦めない気持ちが大切。胃ろうを最後の希望として、むやみに怖がらないでほしい」と加茂院長。

登戸内科・脳神経外科クリニック

TEL:044-930-1050

http://noborito-cl.com

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

多摩区版のピックアップ(PR)最新6

宝徳寺「床もみじ」養老渓谷と鴨川館

日帰り1泊2日

宝徳寺「床もみじ」養老渓谷と鴨川館

「GoToトラベル」大幅割引!バスツアー特別2本立て

10月23日号

補聴器のプロに聞こう

60年の安心・パナソニック

補聴器のプロに聞こう

10月26日(月) 多摩市民館4階で

10月23日号

慢性腎臓病を学ぶ

多摩病院

慢性腎臓病を学ぶ

「10分でわかる健康講座」動画で

10月16日号

エアコンか換気扇洗浄が3000円

奥様応援キャンペーン(11月末まで)

エアコンか換気扇洗浄が3000円

10月16日号

交流から生まれる絆

多摩区のご近所活動 vol.1

交流から生まれる絆

町内会・自治会の「行事」

10月16日号

楽しく始める英会話

楽しく始める英会話

10月20日、11月1日

10月16日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク