多摩区版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

福昌寺の副住職としてさまざまな催しに取り組む 飯沼 康祐さん 菅北浦在住 34歳

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena

自然と足が向かうお寺に

 ○…「すげ寺子屋食堂」やお月見を楽しむ「十五夜座禅会」など、福昌寺を会場にお寺らしいユニークな催しを開催し続けている。特に力を入れているのは、座禅と旬の食材を使ったお粥を食する会、精進料理会などの料理をテーマにしたもの。雑誌などに精進料理レシピを紹介するコーナーも持ち、13年にダライ・ラマ法王が来日し、都内で開かれた若手宗教者100人との対話会の際にも精進料理をふるまった経験をもつ。

 ○…「法事や葬祭以外でもお寺に触れる機会を増やしたい」と5年前に初めて精進料理会を開いた。その正直な人柄からか、会を重ねるごとに手伝いを買って出てくれる人が現れ、今では会ごとにリピーターが多く訪れている。開催後には協力してくれた人たちと反省会を開く。お酒を片手に熱のこもった討論を展開することも多い。「会に参加した人が笑ってくれることが喜び。どうしたら来てくれる人に満足してもらえるか、居心地の良い場所にできるかを語り合っている」

 ○…1580年頃、安土桃山時代に建立された金剛山福昌寺(天台宗)の31代目として生まれた。住職である父が見守る中、19歳で比叡山延暦寺へ修行に向かった。「とにかく正座がきつかった」と振り返る。食べるのが好きだったため「料理をするお坊さんになろう」と決心。大学卒業後、都内飲食店に勤務し調理師免許を取得した。「副住職としての務めを基盤に、精進料理を通して、自然と足が向かうお寺にしたい」

 ○…最近の息抜きは、5歳になる息子とのキャンプ。仕事の合間を見つけては近場でテントを張り一晩過ごす。外出できない時は建物の中にテントを張ったことも。「虫の音や水流音を流して外の気分を味わう」と笑顔に。町内会の子ども会でも座禅を行ったり、消防団に所属したり地域活動も欠かさない。「やってみないとわからないことは多い。考えるだけでなく、実践しているお坊さんになりたい」

多摩区版の人物風土記最新6

橋本 健さん

あす開催される「第9回たま音楽祭」の実行委員長を務める

橋本 健さん

登戸新町在住 53歳

12月6日号

深城 由美子さん

西菅小学校の創立30周年記念事業実行委員会で実行委員長を務めた

深城 由美子さん

菅北浦在住 54歳

11月29日号

井田 光一さん

稲田小学校の創立140周年記念事業実行委員会で実行委員長を務めた

井田 光一さん

宿河原在住 62歳

11月22日号

大石 千明さん

枡形中学校創立40周年記念実行委員会の実行委員長を務めた

大石 千明さん

生田在住 60歳

11月15日号

武井 慎一郎さん

川崎市ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動を支える

武井 慎一郎さん

高津区在住 53歳

11月8日号

北條 秀衛さん

20周年を迎えた川崎市岡本太郎美術館の館長を務める

北條 秀衛さん

麻生区在住 73歳

11月1日号

山田 大晟さん

専修大学ゴルフ部OBで、2019年度のプロテストに合格した

山田 大晟さん

相模原ゴルフクラブ所属 24歳

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク