多摩区版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

福昌寺の副住職としてさまざまな催しに取り組む 飯沼 康祐さん 菅北浦在住 34歳

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena

自然と足が向かうお寺に

 ○…「すげ寺子屋食堂」やお月見を楽しむ「十五夜座禅会」など、福昌寺を会場にお寺らしいユニークな催しを開催し続けている。特に力を入れているのは、座禅と旬の食材を使ったお粥を食する会、精進料理会などの料理をテーマにしたもの。雑誌などに精進料理レシピを紹介するコーナーも持ち、13年にダライ・ラマ法王が来日し、都内で開かれた若手宗教者100人との対話会の際にも精進料理をふるまった経験をもつ。

 ○…「法事や葬祭以外でもお寺に触れる機会を増やしたい」と5年前に初めて精進料理会を開いた。その正直な人柄からか、会を重ねるごとに手伝いを買って出てくれる人が現れ、今では会ごとにリピーターが多く訪れている。開催後には協力してくれた人たちと反省会を開く。お酒を片手に熱のこもった討論を展開することも多い。「会に参加した人が笑ってくれることが喜び。どうしたら来てくれる人に満足してもらえるか、居心地の良い場所にできるかを語り合っている」

 ○…1580年頃、安土桃山時代に建立された金剛山福昌寺(天台宗)の31代目として生まれた。住職である父が見守る中、19歳で比叡山延暦寺へ修行に向かった。「とにかく正座がきつかった」と振り返る。食べるのが好きだったため「料理をするお坊さんになろう」と決心。大学卒業後、都内飲食店に勤務し調理師免許を取得した。「副住職としての務めを基盤に、精進料理を通して、自然と足が向かうお寺にしたい」

 ○…最近の息抜きは、5歳になる息子とのキャンプ。仕事の合間を見つけては近場でテントを張り一晩過ごす。外出できない時は建物の中にテントを張ったことも。「虫の音や水流音を流して外の気分を味わう」と笑顔に。町内会の子ども会でも座禅を行ったり、消防団に所属したり地域活動も欠かさない。「やってみないとわからないことは多い。考えるだけでなく、実践しているお坊さんになりたい」

多摩区版の人物風土記最新6

水島 涼太さん

俳優として、一人芝居「看取り」を市内で初めて上演する

水島 涼太さん

東生田在住 68歳

2月21日号

伊藤 栄一さん

多摩交通安全協会の理事で、交通栄誉章「緑十字金章」を受章した

伊藤 栄一さん

宿河原在住 81歳

2月14日号

石川 雄也さん

登戸で美化活動を行う「グリーンバード専修大学チーム」の代表を務める

石川 雄也さん

枡形在住 19歳

2月7日号

西尾 信さん

2019年度「第32回川崎市自治功労賞」の受賞者に選ばれた

西尾 信さん

枡形在住 78歳

1月31日号

松平 晃さん

阪神・淡路大震災の日に、神戸市でトランペットを20年にわたり演奏する

松平 晃さん

上丸子山王町在住 77歳

1月24日号

岸井 洋一さん

多摩防火協会の会長として、啓発活動に取り組む

岸井 洋一さん

南生田在住 76歳

1月17日号

勢津 智佳さん

川崎青年会議所(JC)の理事長に就任した

勢津 智佳さん

幸区在住 39歳

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク