多摩区版 掲載号:2017年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

川崎F、奇跡の逆転初V 創設21年目で悲願達成

スポーツ

優勝を喜ぶ選手たち
優勝を喜ぶ選手たち
 サッカーJ1の最終節が今月2日に各地で行われ、地元・川崎フロンターレが奇跡の逆転優勝を果たした。クラブ創設21年目にして初のJ1タイトルを獲得。試合が行われたホーム等々力陸上競技場は歓喜に満ちあふれた。

 川崎はJ1随一の攻撃力を発揮し、大宮を5―0で下した。前節まで首位だった鹿島が引き分けて、得失点差で上回り逆転優勝が決定。この試合でハットトリック(3ゴール)を決めたFW小林悠選手がリーグ戦の得点王に輝いた。

「時計の針進んだ」

 さまざまな逆転劇を演じた「等々力劇場」の集大成だ。後半51分、長谷川選手が5点目を決めた。その直後、試合終了を告げるホイッスルが鳴り、鹿島の引き分けがスコアボードで表示されると、無数の青い紙テープが観客席から投げ込まれた。

 グラウンドではJ2時代から支え続けたMF中村憲剛選手が号泣した。「長かった。長すぎて優勝できずに(選手を)辞めるのではないかと思った。みんなでつかんだ優勝」と喜んだ。

 タイトルまであと一歩と迫りながらも、逃し続けてきた川崎。いつしか「シルバーコレクター」と揶揄されるようになった。今シーズンも天皇杯、ルヴァン杯で苦汁をなめた。ACLも悔し涙を流した。鬼木達監督は「一番悔しい思いをしたチーム」と表現。「時計の針を進めることができた」と安堵の様子を見せた。

 サポーターも歓喜にわいた。2002年から応援し続ける稲川英和さんは「石塚監督、関塚監督をはじめこれまでの積み重ねがつながった」と笑顔を見せた。幸区在住の小林真理さんは「これまでの悔しさが全部吹きとんだ」と語った。観客席には、かつて川崎でプレーした岡山一成さんの姿もあった。「チームメイトがあんなに輝いていた。俺も、もう一度輝く」とサポーターの前で誓った。

多摩区版のトップニュース最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク