多摩区版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

宿河原小 心に刻め「どんど焼き」 30年の歴史に幕

社会

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena
竹が「パーン」という音をたてて燃焼
竹が「パーン」という音をたてて燃焼

 市立宿河原小学校(岩田昭彦校長)で伝統行事のどんど焼きが1月19日に行われ、30年の歴史に幕を下ろした。わらなどの材料不足や、近隣住民への配慮などを踏まえ、今年で最終回に。参加した同校児童や教職員、関係者らは校庭で最後の炎を見届けた。

 準備、運営のまとめ役で民生委員の大岡祥浩さん(72)の解説で、児童らはどんど焼きについて学習。岩田校長は「みんなの心にしっかり刻んでほしい」とあいさつし、点火した。高さ10メートル近くに組まれたどんど焼きに火がつくと、全校児童約780人をはじめ学校関係者、近隣幼稚園、保育園の園児らが見守った。実行委員の一人、3年の田中莉結(りゆ)さん(8)は「心にずっと残したい」と感想を話した。例年、宿河原幼稚園(関山真弘園長)では年長のみ参加していたが、今年は年少、年中を含む約200人で参加。「寂しいが、続けてくれたことに感謝したい」との声も聞かれた。

 全国各地で昔から行われるどんど焼きは、竹の周りにわらを立てかけ、正月のしめ飾りやだるま、書き初めを積み上げて点火する行事。同校では、昔の暮らしを学ぶ3年生の地域学習として、どんど焼きを社会科の一つに取り入れてきた。

 民生委員やPTAの現役、OBら地域住民の協力のもと準備や当日の運営を担ってきたが、周辺の水田や竹やぶが減少し、材料のわらや竹が入手困難に。火の粉や灰が近隣住宅に飛んで苦情等につながることもあり、昨年ごろから取りやめることが話題に出始めたという。

 同校のどんど焼きの発起人で、民生委員への協力呼びかけや、わら集めなどを担ってきたPTA会長(当時)の三留一泰さん(73)=宿河原在住=は「30年は一つの区切り。近所との関係もあるので仕方ない。でも地域の伝統は継承していかなければ」と思いを話す。三留さんは同校で昔遊びを長年教えており、今後も続けていきたいという。

団子を焼く児童ら
団子を焼く児童ら

多摩区版のトップニュース最新6

「まちのひろば」見本示す

多摩SDC

「まちのひろば」見本示す 社会

子ども食堂や音楽ライブ

7月10日号

生田東高 2人が受賞

万引き防止ピクトグラム

生田東高 2人が受賞 教育

県警ら初のコンテスト

7月10日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

生田緑地 区域変更へ

遊園跡地都市計画

生田緑地 区域変更へ 経済

説明会に50人超、意見交換

7月3日号

レジ袋有料化で転機

商店会エコポイント

レジ袋有料化で転機 経済

新たに「SDGs」啓発へ

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立を

熱中症・コロナ 対策両立を 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク