多摩区版 掲載号:2018年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

県飲食業生活衛生同業組合多摩支部の支部長として、若手育成を担う 高橋 法夫(のりお)さん 登戸在勤 59歳

一歩引き、本筋に向き合う

 ○…多摩区内の飲食店約80店のリーダーになり丸1年。店舗を構える向ヶ丘遊園駅前の周辺を中心に、経営者の出店補助や独立資金のあっせんなど後進育成に奔走する。特に注力するのは組合の若返りだ。「まずは自主性ありき。面倒な性格でも突き放す前に話をして、考えの本筋は何かを探る」。まちおこしの将来の担い手に思いを込める。

 ○…生まれ育ちは東京都目黒区。母親と祖母が飲食店を経営しており、働く姿を間近で見てきた。18歳のころから割烹の調理場で働いていたが、経営難に伴い地元の居酒屋チェーン店へ。皿洗いのアルバイトで入った後に調理に携わり、やがて店舗を切り盛りする立場に。23歳で共同代表に就いたが1人になり、川崎北部と都内を拠点に経営者の道を歩み始めた。来店客同士の争いを仲裁することも茶飯事。「お酒が入ると本筋じゃないところでケンカになる。せっかく飲むなら楽しく、だね」。一歩引いた立場で全体を見渡す。長年の経験で培った自然体の姿だ。

 ○…これまで最大7店を経営し、従業員6、7人の独立を世話してきた。現在は麻生区細山に住み、遊園駅前の居酒屋「花より団子」とパブ「AVENUE」(アベニュー)の2店を営む傍ら、民家園通り商店会と多摩区暴力団等排除協議会の副会長もこなす。「昔はこの辺りも治安が悪かったけど、ずいぶん平和になった」。商店会や多摩区食品衛生協会など、関連団体との連携を密にしながら、今後は区全体に広がるイベントの実現も模索する。

 ○…今年10月で還暦を迎える。曜日に関係なく働く日々を送るが、10年来離れている大好きなツーリングを再開するのが密かな夢だ。「バイク仲間もだんだん年をとってきた」とほほ笑む。一日一日を大切に、地元活性化を掲げて歩み続ける。

多摩区版の人物風土記最新6件

山田 美佐男さん

生田中央商店会の会長に就任した

山田 美佐男さん

6月15日号

岩田 臣生さん

特定非営利活動法人かわさき自然調査団で自然保全活動を先導する

岩田 臣生さん

6月8日号

横山 裕一さん

川崎授産学園の学園長に今春就いた

横山 裕一さん

6月1日号

村木 芳夫さん

夢見ヶ崎動物公園の園長に就任した

村木 芳夫さん

5月18日号

加藤 達也さん

登戸区画整理事務所の所長に今春、着任した

加藤 達也さん

5月11日号

前山 英二さん

発足1年を迎えた「ばら苑ボランティア会」の会長を務める

前山 英二さん

5月4日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク