多摩区版 掲載号:2018年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

バスケB1サンダース ホーム集客、2年で3倍 1試合平均 3056人に

スポーツ

タオルを掲げて応援するファン=4月27日、とどろき
タオルを掲げて応援するファン=4月27日、とどろき
 発足2季目のプロバスケットボール男子「Bリーグ」は先月26日にチャンピオンシップ決勝が行われ、観客1万2千人のもとアルバルク東京が優勝し閉幕。今季、東地区2位のA東京と上位争いを演じた同地区3位の川崎ブレイブサンダースは、ホームゲームの平均入場者数が3千人を超えるなど、観客動員で成果を挙げた。

 昨年9月から先月まで今季60試合のうち、とどろきアリーナ(中原区)を中心にしたホーム戦30試合の平均入場者数は前年(2016〜17年)比25%増の3056人。2年前のナショナルリーグ・NBL時代(15〜16年)の1004人と比べて約3倍に増えた。B1(1部)での平均入場者数の順位では、18クラブのうち前年の13位から7位に浮上した。

女性が半数超

 川崎ブレイブサンダースによると、ホーム戦のチケット購入者の男女比は女性が52・7%で半数を超えた。サッカーJリーグでは女性が38・1%(スタジアム観戦者調査2017より)とされており、同クラブの女性人気の高さがうかがえる。さらに、同クラブでは試合後に会場出口で選手がファンを見送るサービスを行うなど、選手とファンの交流にも注力。「選手との距離の近さが女性ファンを惹きつけたのでは」と分析している。

 年齢層の割合では40代が最多で33・5%。次いで30代の30・5%、20代の19・2%となっており、20〜40代の支持層の多さが際立った。

多摩区版のローカルニュース最新6件

関口鐘雪さん、会長勇退

多摩防犯協会

関口鐘雪さん、会長勇退

6月22日号

菅地区39人で結成

少年消防クラブ

菅地区39人で結成

6月22日号

夏休みに福祉体験

河川敷でコンサート

「経験が決断につながる」

「保育のこと、楽しもう」

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

夏休みに福祉体験

夏休みに福祉体験

多摩川の里

7月24日~7月26日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク