多摩区版 掲載号:2018年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

東芝野球部 「8度目V」市民に誓う 川崎市役所で壮行会

スポーツ

決意を示す平馬監督(右から2人目)、松本幸一郎主将(同3人目)
決意を示す平馬監督(右から2人目)、松本幸一郎主将(同3人目)

 川崎市代表として10年連続40回目の都市対抗野球大会出場を決めた東芝野球部(東芝ブレイブアレウス)の壮行会が7月2日、市役所で開かれた。主催は市と川崎商工会議所。

 会場には村上伸二部長(51)、平馬淳監督(43)や選手、コーチら41人が登場した。福田紀彦市長は「優勝すると8年ぶり8回目で語呂がいい。市民の誇りとして活躍を期待している」と激励。村上部長は「黒獅子旗(優勝旗)を必ずこの川崎に持ち帰る。温かい声援をお願いしたい」と力強く語った。

 東芝は今月17日、トヨタ自動車東日本との初戦を東京ドームで迎える。

甲子園バッテリー球児にエール

 2009年夏、全国高校野球神奈川大会で初優勝を果たし、神奈川代表として甲子園でバッテリーを組んだ横浜隼人高校OBの今岡一平投手(25)と船木吉裕捕手(26)。現在は東芝野球部の一員として練習に励んでいる。今夏、第100回大会に臨む高校球児に向け、今岡投手は「チーム一丸で、一人ひとりが熱い神奈川の野球を盛り上げてほしい」、船木捕手は「今まで積み重ねてきたことを胸に、監督やチームメートを信じて頑張ってもらえれば」とエールを送った。
 

同部の今岡投手(左)と船木捕手
同部の今岡投手(左)と船木捕手

多摩区版のローカルニュース最新6件

唄に踊り、50組堂々と

区老連

唄に踊り、50組堂々と

9月21日号

生田の神輿に300人超

「3・11」  鎮魂込め巡礼

サンキン会

「3・11」 鎮魂込め巡礼

9月21日号

22の優良事業者を表彰

川崎市

22の優良事業者を表彰

9月21日号

「水引」伝統結び30年

多摩区つなぐ写真募集

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク