多摩区版 掲載号:2018年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

ライオンズクラブ国際協会330-B地区5R-2Zのゾーンチェアパーソンに就任した 諌山 和男さん 宿河原在住 64歳

「和」の精神、多分野に

 ○…川崎生田ライオンズクラブ(LC)に所属して13年ほど。多摩区など市内北部の6クラブの統括責任者として、本部機能との連絡役を担う。任期は1年。各クラブの奉仕活動に加え、学童軟式野球大会や中学生標語コンテストといった6LC合同の青少年育成活動も要となる。「今までやってきた活動の意味を考えながら、先輩に恥じないように新しいこともできたら」と穏やかに語る。

 ○…2001年に登戸で多摩脳神経外科(医療法人社団伸和会)を開業し、地域に根差した医療を目指す中で誘いを受け、LCに入会。仕事柄、活動に参加する時間が取れないこともあったが、5年前には会長も経験した。「市内北部は地元出身の中小企業の会員が多いのが特徴。メンバーも多彩」。そんな会員同士の親睦に思いを込め、自ら掲げた新年度のゾーンテーマは「和をもって奉仕をす」だ。

 ○…静岡県でダム工事の親方をしていた父親の背中を見て育ち、次の現場となった登戸周辺の開発のため区内へ。稲田小に通い、多摩川で野球をしたこともいい思い出だ。中学生のころ、父親が工事現場で大けがを負い大手術に。「医者も捨てたもんじゃないなと思った。やるからには、生きるか死ぬかの大切なところを」と、脳疾患に携わり30年以上。同じ道を歩む長男にも、期待を込める。

 ○…大学時代にラグビー部の主将だった縁で、試合中の救急対応を担うマッチドクターを30年近く務め、日本代表など選手を支え続けている。総合格闘技「RIZIN」のリングドクターとしても活躍。来年に迫るラグビーW杯や、医師として2年間渡米した経験を踏まえ、国際社会にも目を向ける。「まだまだ教養をつけて、勉強していかないと。認知症になる暇はないね」。広い視野で、歩み続ける。

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6件

村瀬 成人(しげと)さん

宿河原で5年続く「かわさき色輪っかつなぎ」の実行委員長を務める

村瀬 成人(しげと)さん

7月13日号

大野 正勝さん

川崎市市民ミュージアムの館長に、今春就任した

大野 正勝さん

6月29日号

竹仲 密昭さん

川崎河川漁業協同組合の組合長に今春、就任した

竹仲 密昭さん

6月22日号

山田 美佐男さん

生田中央商店会の会長に就任した

山田 美佐男さん

6月15日号

岩田 臣生さん

特定非営利活動法人かわさき自然調査団で自然保全活動を先導する

岩田 臣生さん

6月8日号

横山 裕一さん

川崎授産学園の学園長に今春就いた

横山 裕一さん

6月1日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

稽古場でオペラ公演

稽古場でオペラ公演

宿河原 こんにゃく座

7月28日~7月29日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク