多摩区版 掲載号:2018年7月13日号
  • googleplus
  • LINE

バスケB1サンダース 歴史継承、集客倍増へ 「年間30万人」 新アリーナも

スポーツ

新たなクラブロゴを手にする元沢社長(右)。左は北HC
新たなクラブロゴを手にする元沢社長(右)。左は北HC
 プロバスケットボールB1「川崎ブレイブサンダース」の運営権を東芝から受け継いだDeNA(ディー・エヌ・エー)グループの新会社が7月4日、中原区で事業戦略を発表。クラブ創設68年の歴史を継承する方針を固め、1万5千人規模のアリーナ新設と年間来場者30万人を目標に掲げた。

 今月からクラブを運営する新会社の名称は「株式会社DeNA川崎ブレイブサンダース」。クラブ名や、北卓也ヘッドコーチをはじめとするスタッフ体制は継続し、えんじ色のクラブカラーは「ブレイブレッド」と名づけた。

東芝「ブレイブ」DeNAに引継ぐ

 同社の元沢伸夫社長は「名実ともに日本のバスケ界をけん引してきたクラブの歴史を、しっかりと受け継ぐ決意をした」と強調。「『ブレイブ』は東芝のスポーツチームの象徴で、必ず使われている言葉。社内でさまざまな議論があったが、経緯など全て受け止めて引き継ごうと考えた」と思いを語った。

 クラブロゴは、ゴールリングに稲妻が突き刺さるイメージの新デザインを発表。試合会場のアリーナについてはライブ空間としての演出や音響、企画の強化を掲げ、5年以内に1万から1万5千人収容のアリーナ新設を市内で目指す構想を示した。

 プロ野球・横浜DeNAベイスターズの運営では戦績、集客ともに実績を持つ同グループ。スポーツビジネスとしての川崎市の土壌について、元沢社長は「市民やお店、施設などのスポーツに対する理解と後押しを強く感じる」と可能性を語る。

 川崎は今季(2018―19シーズン)開幕戦を10月4日、千葉ジェッツとのアウェー戦で迎える。川崎市とどろきアリーナでのホーム開幕は翌週12日と13日。これまで主将を4季務める篠山竜青選手は「変化の年を優勝で飾り、今までのファンやこれから興味を持ってくれる皆さんにインパクトを残したい」とクラブを通じてコメントした。

多摩区版のトップニュース最新6件

「住民力」結集し再整備

三田第2公園

「住民力」結集し再整備

9月21日号

専大OB指導で躍進

少年少女レスリング

専大OB指導で躍進

9月21日号

80年超の大太鼓、修復

杉山社

80年超の大太鼓、修復

9月14日号

新・洪水マップ作成へ

川崎市

新・洪水マップ作成へ

9月14日号

伝統の赤で3季目へ

バスケB1サンダース

伝統の赤で3季目へ

9月7日号

川崎から若者文化発信へ

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク