多摩区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

向ヶ丘遊園駅前のカフェバーを拠点に、音楽ライブを開催する 木田 光昭さん 登戸在住 39歳

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena

弾き語りで、次世代に思い

 ○…父親の命日にあたる5月25日、長男・倫太郎君の誕生を機に休止していた音楽活動を2年ぶりに再開。7月18日には、拠点にする向ヶ丘遊園駅前のカフェバー「masa2sets」(マサツーセッツ)で、「伝えていくもの」と題した子連れOKの音楽ライブを開いた。「次世代や子どもたちが音楽を始めるきっかけにしたい。まちの活性化にもつながれば」

 ○…青森県弘前市出身で、少年時代は歌手の玉置浩二やASKA(アスカ)をよく聴き、路上ライブに憧れていた。転機は19歳のときに地元で聴いた、ある年下男性の路上ライブ。その情熱に惹かれて意気投合し、一緒に音楽をやるように。「高校を辞めて音楽でメシを食おうなんて、すごい覚悟だと思った」。家にあったギターを担ぎ、週末になると路上で弾き語った。ロケット製作を夢見て航空整備士の専門学校に通うも、就職は別の道へ。25歳で父親が亡くなり転職、上京した。都内のライブハウスや相模原市、溝口の駅前でもライブ活動を行い、オリジナル曲を収録したCDも自主制作。昨年は多摩区のイベント「登戸まちなか遊縁地」に出演した。

 ○…登戸に住んで6年ほど。共働きの妻と息子の3人暮らしで、スーパー銭湯で働く傍ら、家事や保育所の送迎など育児は全て妻と分担。深夜勤務もあり、かつてほど音楽練習には打ち込めないが、休日には家族で生田緑地や枡形山に足を運び、公園めぐりを楽しむ。

 ○…「今は最前線で音楽をやる立場ではないが、高校生や大学生と交流しながらライブ出演をサポートしたり、教える機会を持ちたい」と、将来のイメージを膨らませる。次回のライブは9月28日。「子どもは入場無料。大きくなって音楽をやってくれればいいなって」。思いを伝えるために、ライブ活動を続ける。

多摩区版の人物風土記最新6

信澤 公昭(たかあき)さん

第41代の多摩警察署長に先月就任した

信澤 公昭(たかあき)さん

多摩区在住 58歳

4月16日号

藤井 智弘さん

23代目の多摩区長に、4月1日付で就任した

藤井 智弘さん

川崎区在住 57歳

4月9日号

こばやし このみさん(本名:小林 空雅)

「性同一性障害」と「発達障害」を抱えながらラジオドラマの声優に臨んだ

こばやし このみさん(本名:小林 空雅)

菅在住 26歳

4月2日号

関山 泰司さん

桜並木を維持管理する「宿河原堤桜保存会」の5代目会長を務める

関山 泰司さん

宿河原在住 80歳

3月26日号

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

第24回岡本太郎現代芸術賞で「岡本敏子賞」を受賞した

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

高津区在住 51歳

3月19日号

関 範雄さん

多摩交通安全協会の副会長で、交通栄誉章「緑十字金章」を今年度受章した

関 範雄さん

長沢在住 78歳

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter