多摩区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

向ヶ丘遊園駅前のカフェバーを拠点に、音楽ライブを開催する 木田 光昭さん 登戸在住 39歳

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena

弾き語りで、次世代に思い

 ○…父親の命日にあたる5月25日、長男・倫太郎君の誕生を機に休止していた音楽活動を2年ぶりに再開。7月18日には、拠点にする向ヶ丘遊園駅前のカフェバー「masa2sets」(マサツーセッツ)で、「伝えていくもの」と題した子連れOKの音楽ライブを開いた。「次世代や子どもたちが音楽を始めるきっかけにしたい。まちの活性化にもつながれば」

 ○…青森県弘前市出身で、少年時代は歌手の玉置浩二やASKA(アスカ)をよく聴き、路上ライブに憧れていた。転機は19歳のときに地元で聴いた、ある年下男性の路上ライブ。その情熱に惹かれて意気投合し、一緒に音楽をやるように。「高校を辞めて音楽でメシを食おうなんて、すごい覚悟だと思った」。家にあったギターを担ぎ、週末になると路上で弾き語った。ロケット製作を夢見て航空整備士の専門学校に通うも、就職は別の道へ。25歳で父親が亡くなり転職、上京した。都内のライブハウスや相模原市、溝口の駅前でもライブ活動を行い、オリジナル曲を収録したCDも自主制作。昨年は多摩区のイベント「登戸まちなか遊縁地」に出演した。

 ○…登戸に住んで6年ほど。共働きの妻と息子の3人暮らしで、スーパー銭湯で働く傍ら、家事や保育所の送迎など育児は全て妻と分担。深夜勤務もあり、かつてほど音楽練習には打ち込めないが、休日には家族で生田緑地や枡形山に足を運び、公園めぐりを楽しむ。

 ○…「今は最前線で音楽をやる立場ではないが、高校生や大学生と交流しながらライブ出演をサポートしたり、教える機会を持ちたい」と、将来のイメージを膨らませる。次回のライブは9月28日。「子どもは入場無料。大きくなって音楽をやってくれればいいなって」。思いを伝えるために、ライブ活動を続ける。

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】10月18日16時~予定/20日:本店リフレッシュオープン予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

茂住 菁邨(せいそん)さん(本名:茂住 修身)

書家で、元号「令和」発表時に墨書を揮毫(きごう)した

茂住 菁邨(せいそん)さん(本名:茂住 修身)

南生田在住 65歳

10月15日号

三平 雅美さん

区役所通り登栄会商店街振興組合の理事長で、登戸のまち活性化に努める

三平 雅美さん

登戸在住 58歳

10月1日号

星川 光明さん

多摩区暴力団等排除協議会の会長を務めて12年目になる

星川 光明さん

菅北浦在住 61歳

9月24日号

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

音楽家で「1000人合唱」プロジェクトを企画した

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

西生田在住 47歳

9月17日号

岸 忠宏さん

多摩区医師会の会長に就き、3年目を迎えた

岸 忠宏さん

栗谷在住 62歳

9月10日号

田中 輝夫さん

多摩消防ボランティア委員会の委員長を今年度から務める

田中 輝夫さん

南生田在住 72歳

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook