多摩区版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

宿河原灯籠流し 竹明かりで幻想的に 3年ぶり、継続願う

文化

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena

 宿河原町会と子ども会主催の「二ヶ領用水灯籠流し」が今月16日、3年ぶりに開催された。宿河原駅前商店会と市立稲田中学校美術部による「竹明かり」のオブジェが川沿いに初めて設置され、催しを彩った。

 二ヶ領用水宿河原掘で夏の風物詩として続いてきた灯籠流し。昨年、一昨年は雨に見舞われ中止になった。人手不足等で継続の可否について意見が交わされていたが、「子どもたちのやりたいという声もあった。2年分の灯籠も残っていたし、今年はやってみようって」と同町会の伊東完有会長。

 そんな催しを盛り上げようと、宿河原駅前商店会が竹明かりのオブジェ作りを昨年から企画。昨年は雨により川沿いでの点灯は叶わなかったが、今年も稲田中美術部と商店会の各店舗が製作を担当。稲田中では7月末に作業が行われ、部員らが電気ドリルで好きな柄を作り、23本を仕上げた。

 当日はLEDライトで色とりどりの光を点灯=写真。美術部2年の宇津木歩佳さんは「穴をあけるのに時間がかかったけれど、きれいで感動した」、中山明香さんは「こんなふうに光が通るんだなと思った。またやりたい」と感想を話した。同商店会の高橋利之会長は「中学生に、自分たちも参加しているんだと感じてほしい。来年も形を変えてできたら」と語った。

 灯籠流しには老若男女が集い、思いを込めた約500個の灯籠がゆっくりと水面を照らした。宮前区から父親と参加した長橋慧君(小3)は「今日が初めて、もう1回やりたい」と話していた。灯籠は下流で町会のメンバーが回収。伊東会長は「多くの人が集まってくれて非常にありがたい。運営面で協力があれば、今後も続けていきたい」と思いを話した。

多摩区版のトップニュース最新6

南北ヒーロー 頂上決戦

南北ヒーロー 頂上決戦 社会

「イクター」川崎区に挑む

2月28日号

市民227人が英国支援

東京五輪ボランティア

市民227人が英国支援 スポーツ

キャンプ地・等々力で始動

2月28日号

11校に昇降器具設置へ

多摩区予算案

11校に昇降器具設置へ 政治

資器材・全市2千万円

2月21日号

「まち協」12年 活動終結へ

「まち協」12年 活動終結へ 社会

課題解決・中間支援に貢献

2月21日号

特別教室 ウェブ予約に

中野島小

特別教室 ウェブ予約に 教育

市、施設活用へ試験導入

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

台風被害 共有し議論

区自主防災連絡協議会

台風被害 共有し議論 社会

初の研修会、100人超

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク