多摩区版 掲載号:2018年10月19日号
  • LINE
  • はてぶ

歯科技工所を開業した経営者で、「神奈川がんばる企業エース」に選ばれた 石原 孝樹さん 登戸在勤 33歳

起業家魂、匠の技に込め

 ○…歯科技工所「QLデンタルメーカー」を2014年に登戸で開業。独自の工夫で成長する中小企業として県が認定する「神奈川がんばる企業」に2年連続で選ばれ、今年度はさらに一段階上の「エース」に選出された。今回は県内41社の認定企業のうち、エースは10社。「患者目線を大切に、歯科技工士を一生続けられる労働環境をつくりたい」と白い歯を見せる。

 ○…出身は自然豊かな長野県茅野市。祖父は電気工事、両親は設計事務所を営む起業家ぞろいの環境で育った。少年時代は工作に熱中し、モーター付き自動車模型「ミニ四駆」の改造や、厚紙を使った自作コースも手がけるほど。野球部で汗を流し、大学受験では工学部に合格したが辞退。「何となく社長になりたかった」と、将来への思いを抱いて歯科技工士の専門学校に進学、上京した。

 ○…卒業後は歯科技工士として、保険診療を中心に扱う大手企業に就職。診療報酬の仕組み上、長時間労働で大量生産を余儀なくされ、体調不良も重なって25歳で退社。自費診療を重視する小さな技工所に転職した。1日100件ペースで飛び込み営業を半年ほど継続。「関東圏内の歯医者はほとんど回った」という。入社時は5人だった社員は20人に増え、年商約2億円を稼ぐほどに成長した。先輩から歯科業界の基礎を学び、「低額な自由診療で、患者と歯科医院、歯科技工士の3者が幸せになる仕組みを提供したい」との思いで、29歳のとき2人の仲間と歯科技工所を起業。現在はパート含め20人が勤務している。

 ○…年商1億円以上の若手経営者による世界的組織「EO」に昨年入会。企業の規模や年代、国境を超え、異業種交流にも力を注ぐ。「メイドインジャパン(日本製)は競争力がある。海外にも売り込みたい」。夢を語った。

多摩区版の人物風土記最新6件

吉澤 徳重さん

多摩消防関係団体創立50周年記念事業実行委員会で委員長を務める

吉澤 徳重さん

11月16日号

yucat(ユキャット)さん

シンガーソングライターとして活動し、かわさき産業親善大使に今月着任した

yucat(ユキャット)さん

11月9日号

吉田 琴未さん

区庁舎で12月1日に開催される第8回「たま音楽祭」で、実行委員長を務める

吉田 琴未さん

11月2日号

和(かのう) 秀俊さん

田園調布学園大学の准教授で、スポーツや地域交流を通じた福祉に取り組む

和(かのう) 秀俊さん

10月26日号

布野 俊一(としかず)さん

日本民家園でボランティア活動に取り組む「炉端の会」で、今春から会長を務める

布野 俊一(としかず)さん

10月12日号

原島 小賀子さん

設立15周年を迎えた「NPO法人SAGA国際交流協会」の理事長を務める

原島 小賀子さん

10月5日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩いて巡る生田地区

歩いて巡る生田地区

29日、観光協会がツアー

11月29日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク