多摩区版 掲載号:2019年1月11日号
  • LINE
  • hatena

生田緑地 「奥の池」 初の日干し中 水質改善へ、試行錯誤

社会

日干し中の奥の池=1月5日
日干し中の奥の池=1月5日

 生田緑地の中央広場から岡本太郎美術館への園路脇、メタセコイアの林の中にある「奥の池」。水生生物の保全に向け、水質改善を目的とした池底土の日干しが先月から行われている。

 多摩丘陵の谷戸の湧き水がたまる奥の池には、絶滅危惧種のホトケドジョウなどが生息。近年水質の悪化が見られ、悪臭や生物減少を懸念する声があったことから、池の水を抜いて底の泥を取り除く「かいぼり」が4年前に初めて行われた。さらなる水質改善に向けて、緑地内の活動団体らによる「生田緑地自然環境保全管理会議」が対策を検討。「毎年、底土のかいぼり、または日干しが必要」という専門家の助言を受け、池の水を一定期間抜く日干しの実施に至った。

 日干し作業は先月16日、奥の池を中心に活動する「生田緑地の谷戸とホトケドジョウを守る会」の定期活動にあわせて実施。緑地内の環境保全活動に取り組む「かわさき自然調査団」や生田緑地共同事業体らが参加し、排水や生物採集・調査、保護池づくりなどが同時進行で進められた。

 日干しは2月末までを予定。水質改善を提案したかわさき自然調査団の岩田臣生さんは「初めての試み。日干しが進んだところで、今後どうするか検討していきたい」と話している。

先月の作業の様子=同調査団提供
先月の作業の様子=同調査団提供

多摩区版のローカルニュース最新6件

「都市ブランド」が4年目

3年ぶり大会で輝き

山川こうたろうwith 麺鉄音

3年ぶり大会で輝き

4月19日号

古橋選手が歌披露

OPBFシルバー王者

古橋選手が歌披露

4月19日号

「ねこづくし」な写真展

川崎市市民ミュージアム

「ねこづくし」な写真展

4月19日号

桜の次は「サクラソウ」

市緑化センター

桜の次は「サクラソウ」

4月19日号

「つなみ巡礼」今年も

サンキン会

「つなみ巡礼」今年も

4月19日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:01更新

  • 4月5日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク