多摩区版 掲載号:2019年4月19日号
  • LINE
  • hatena

新田ジム黒田選手 川崎初の世界王者へ フロンターレと連携も

スポーツ

小西選手とスパーを行う黒田選手(右)
小西選手とスパーを行う黒田選手(右)

 川崎新田ボクシングジム(登戸)所属の黒田雅之選手(32)が挑む6年ぶり2度目の世界戦、5月13日のIBF世界フライ級タイトルマッチまで1カ月を切った。市内ジムから初の世界王者を目指す黒田選手は今月6日、公開スパーリングを実施。14日の壮行会では、サッカーJ1・川崎フロンターレ関係者をはじめ100人近い支援者と交流した。

 IBF(国際ボクシング連盟)世界フライ級4位の黒田選手が対戦するのは、同級王者のモルティ・ムザラネ選手(36)=南アフリカ。身長167センチ、40戦30勝(16KO)7敗3分の黒田選手に対し、ムザラネ選手は同じ右ボクサーファイターで身長159センチ、39戦37勝(25KO)2敗の戦績を持つ。

スパーで手応え

 黒田選手は6日、同じ5月に世界戦を控える、IBF世界ライトフライ級の小西伶弥選手(25)=真正ジム=をジムに迎え、6ラウンドの公開スパーリングを実施。小西選手との対戦を「質の高い相手で、精神的にも刺激になった」と振り返り、「どんな相手に対しても自分を変えずに、自分がどうすべきかを常に考えるようにする」と決意を新たにした。新田渉世会長は「距離を詰められたら相手のペースに持ち込まれる。突き放して自分のペースを維持できれば」と展望を語った。

応援も強化

 黒田選手と新田会長は今月3日、川崎フロンターレの事務所(高津区)を訪れ、藁科義弘社長らスタッフと交流=写真下。互いに親交を深め、連携を誓い合った。

 14日に川崎区で行われた壮行会には、フロンターレの応援団「川崎華族」メンバーの井上三郎さんが来場。6年前の世界戦のときに制作した応援歌を披露すると、参加者も一緒に合唱し、機運を高めた。壮行会発起人の一人で同ジム後援会長の片山義規さんは「世界という響きは特別なもの。この言葉が黒田選手にとって当たり前になじむことを願っている」と力を込めた。

 多摩区では地元旅行会社による観戦ツアーが企画されるなど、黒田選手を後押しする動きも見られる。世界戦当日は6試合の予定で、東京・後楽園ホールで午後6時から。

壮行会で必勝を誓うジム一同
壮行会で必勝を誓うジム一同

多摩区版のトップニュース最新6件

水飲み場「耐震」53校に

市立小中

水飲み場「耐震」53校に

5月17日号

世界王座 奪取ならず

川崎新田ジム黒田選手

世界王座 奪取ならず

5月17日号

墨書の大役、長沢で祈願

「令和」揮毫(きごう)茂住さん

墨書の大役、長沢で祈願

5月1日号

駅前南口、今年度着手へ

登戸区画整理事業

駅前南口、今年度着手へ

5月1日号

子ども100人とアユ放流

川崎漁協

子ども100人とアユ放流

4月26日号

乗客増へ周知強化

長尾台コミバスあじさい号

乗客増へ周知強化

4月26日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク