多摩区版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

長尾台コミバスあじさい号 乗客増へ周知強化 1便平均 「4.7人」めざす

経済

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena
新バス停「延命地蔵尊前」を通過するあじさい号
新バス停「延命地蔵尊前」を通過するあじさい号

 多摩区長尾台地区のコミュニティバス「あじさい号」の運行コースが、長尾7丁目の住民グループの活動を受け、今月から延伸した。運営団体の利用者協議会はバス運行会社が算出する原価を超える1便平均4・7人を、年度内に達成したい考えだ。

 あじさい号はJR久地駅と登戸駅、「長尾の里あじさい寺」の名で親しまれる妙楽寺を結ぶコミュニティバスとして、2014年12月に本格運行を開始。高低差があり交通手段が限られる同地区の住民の足として利用され、昨年は293日、1万7024便が運行した。

 1便あたりの利用者は開始翌年の15年は約3・6人だったが年々増え、昨年は約4・2人。運行主体の高橋商事(菅野戸呂)のデータによる、原価を考慮した目標値を4・7人としている。利用者協議会の児井正臣会長は「赤字が続くとバス会社も運行を続けられなくなる。一人でも乗客を増やすことが第一」と話す。今後は、集客の軸になっている毎年6月開催の「あじさいまつり」だけでなく、同地区を観光地や散策コースとして対外的に周知を強化するという。

 4月1日には市立長尾小学校前を通る便が増え、バス停が5カ所新設。井上皆子さん(72)=長尾7丁目=が会長を務める住民グループ「五地区コミュニティバス導入推進協議会」の約2年半にわたる要望活動で実現した。井上さんによると、5地区の世帯数はおよそ400世帯台で、導入後5日間で延伸地区の住民約60人が利用したという。「当初は無理だろうという雰囲気だったが、今では多くの住民から喜びの声を聞くことができてうれしい。地域のコミュニティバスとして住民の方々にどんどん関わってもらい、利用者を増やしていきたい」と思いを語った。

多摩区版のトップニュース最新6

生田緑地の新看板制作

向の岡工高生徒8人

生田緑地の新看板制作 社会

北側入り口「長者穴口」に設置

1月22日号

「調布町」の基標 設置

下布田小

「調布町」の基標 設置 教育

小川米夫さんと歴史継承

1月22日号

給食献立案が市長賞

菅中3年井熊さん

給食献立案が市長賞 教育

「午後も元気に」思い込め

1月15日号

「SDGs」 掲示から始動

多摩区内5商店会

「SDGs」 掲示から始動 経済

店頭にポスター、意識向上へ

1月15日号

「新様式」 対応へ結束強め

「新様式」 対応へ結束強め 政治

荻原区長 新年に意気込み

1月8日号

新たに区内16件決定

市地域文化財

新たに区内16件決定 文化

第3回 で計44件 市内最多に

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク