多摩区版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

川崎新田ジム黒田選手 世界王座 奪取ならず 6年ぶり挑戦、判定負け

スポーツ

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
10R、ムザラネ選手と激しく打ち合う黒田選手
10R、ムザラネ選手と激しく打ち合う黒田選手

 川崎新田ボクシングジム(登戸)の黒田雅之選手(32)が5月13日、IBF世界フライ級タイトルマッチ12回戦に挑み、王者モルティ・ムザラネ選手(36)=南アフリカ=に0―3で判定負けを喫した。同級4位の黒田選手は2013年以来2回目の世界戦で、市内ジム初の王座奪取を目指したが叶わなかった。戦績は30勝(16KO)8敗3分。

 約2千人が詰めかけた東京・後楽園ホールには、同ジム後援会の片山義規会長をはじめ福田紀彦市長や商工会議所の山田長満会頭、多摩区からは荻原圭一区長、区観光協会の末吉一夫会長や地元団体、企業の関係者らが集結。同ジムと親交のあるサッカーJ1・川崎フロンターレのサポーターらも、のぼり旗やタオルを手に応援に駆けつけた。

両者、譲らず

 39戦37勝(25KO)を誇る王者に対し、ボディーを中心に序盤から積極的に手を出す黒田選手。長いリーチと多彩な攻めでペースをつかむムザラネ選手に対し、黒田選手はダメージが蓄積し、まぶたの腫れと流血が目立つように。主導権を取り返そうと12ラウンド攻め続けたが、王者を倒すことはできなかった。

 試合中は「黒田」コールや、川崎Fサポーターによる応援歌の大合唱が響いた。「オール川崎」の声援を受け、「嬉しかった。盛り上がってもらえたことはよかった」と黒田選手。「自分がやりたいことをやられてしまい、力不足。本当に勝ちたかった」と声を振り絞った。区民をはじめ応援してくれたファンに対し、新田会長は「夢を託してもらったが(ベルトを)つかめなくて申し訳ない。これからも見守っていただきたい」と胸中を語った。

多摩区から応援、一丸で

 多摩区では4月25日から2週間、グローブの形をした色紙(いろがみ)にメッセージを書くブースを区役所1階に設置。集まったメッセージ約170枚をまとめた台紙を届けに、荻原区長と末吉会長が試合3日前、川崎新田ジムを訪れた=写真下。

 観戦後、荻原区長は「6年前のリベンジ、『川崎から世界への夢』は今回実現しませんでしたが、打たれても、打たれても前に出て、最後まで戦う姿に、多くの多摩区民が試合会場で、またテレビの前で観戦して感動しました。ありがとうございました」とコメント。末吉会長は「多摩区民を熱狂の中に飛び込ませてくれたのはありがたい。いい試合でした」と話した。

入場する黒田選手(中央)に声援を送る川崎Fサポーターら
入場する黒田選手(中央)に声援を送る川崎Fサポーターら

多摩区版のトップニュース最新6

キャッシュレスに賛否

多摩区商連

キャッシュレスに賛否 経済

導入伸びず、「様子見」多数

10月11日号

市立校、半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校、半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月11日号

菅住宅地、51位が7位に

基準地価上昇率 登戸も高騰

菅住宅地、51位が7位に 社会

10月4日号

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ

生田浄水場用地

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ 社会

市、22年 新施設完成めざす

10月4日号

自主返納 7区で増加

運転免許

自主返納 7区で増加 社会

県市と民間 独自策に注力

9月27日号

南房総に支援物資

多摩区有志

南房総に支援物資 社会

トカイナカ 西山さんら結束

9月27日号

「母の塔」で誓う 永遠の愛

「母の塔」で誓う 永遠の愛 社会

美術館の縁、特別挙式に

9月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「体育の日」無料体験

「体育の日」無料体験

多摩スポーツセンター

10月14日~10月14日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク