多摩区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

義母との生活を描いたコミックエッセー『ばあさんとの愛しき日々』を出版した なとみ みわさん 東三田在住 49歳

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena

家族のほっこり、絵に込め

 ○…すっとぼけた言動と笑顔で家族を楽しく振り回す―。義母との同居と介護が始まった10年前。家族日記のつもりで描いた漫画をブログで更新し始めると、頑固で可愛い義母が次第に支持を集め、書籍化が実現した。2年前に義母を看取った後、出版社の勧めで制作が始まり、200ページ以上を約1年半かけて描き下ろした。「大切な人を思いながら読んでほしい」。新著に願いを込める。

 ○…出身は石川県の能登。りぼんやマーガレットなど少女漫画雑誌が好きで、漫画家を夢見ていた。中高時代はバスケットボールに打ち込み、18歳で上京してコピーライターの専門学校へ。音楽雑誌やバーのアルバイトを経て、22歳のとき映像制作会社に就職。次々に社員が辞め、「疲れと緊張でご飯が食べられなかった」、そんな環境で約3年勤めた後、出産を機に退職。息子が5歳になり、フリーのイラストレーターとして作品を手に営業活動を開始した。当初、日中は書店でアルバイトをし、夜中は仕事に没頭。ウェブや雑誌、書籍など活動を広げていった。

 ○…義母の介護のことでは夫と何度も衝突。義母が歩けなくなったときに転機が訪れた。繁忙期だった仕事を徹夜でこなし、腱鞘炎をこらえながら介護に精を出す日々。義母が次第に弱っていく現実を受け入れられなかった夫が、やがて義母の手を引いて病院に行くようになった。その経緯は漫画化してブログで公開し、今月出版した新著にもつながっていった。

 ○…義母が最期を迎えたのは、在宅で看取ろうと退院を翌日に控えた夜。「病院や訪問介護、周りの方たちが本当に尽くしてくれた。最後は人だなって」。感謝を胸に、当時に思いをはせる。いつの日か、ケアハウスで過ごす実母を主人公にした漫画を描くのが密かな夢だ。

多摩区版の人物風土記最新6

大庭 美代子さん

3周年を迎えたおしゃべりサロン「あゆみ」を主宰し、母子支援活動に尽くす

大庭 美代子さん

中野島在住 50歳

7月19日号

大杉 浩司さん

川崎市岡本太郎美術館の学芸員で20周年記念展を担当する

大杉 浩司さん

宿河原在住 58歳

7月12日号

廣田 健一さん

ライオンズクラブ国際協会330―B地区5R―2Zのゾーンチェアパーソンに就任した

廣田 健一さん

菅北浦在住 69歳

7月5日号

石井 芳和さん

登戸区画整理事務所の所長に今春就任した

石井 芳和さん

登戸在勤 53歳

6月21日号

濃沼 健夫さん

多摩区町会連合会の会長に今月着任した

濃沼 健夫さん

菅馬場在住 74歳

6月14日号

木村 徹さん

多摩区PTA協議会の会長に先月就任した

木村 徹さん

菅在住 45歳

6月7日号

鴨志田 麻衣さん

タッチラグビー2019W杯銅メダルの日本代表選手で、競技普及に力を注ぐ

鴨志田 麻衣さん

生田在住 27歳

5月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

4日間のスポーツ体験

4日間のスポーツ体験

夏恒例、無料イベント

7月23日~7月26日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク