多摩区版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

タッチラグビー2019W杯銅メダルの日本代表選手で、競技普及に力を注ぐ 鴨志田 麻衣さん 生田在住 27歳

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena

芝駆け「トライ」、次代へ

 ○…同期や後輩が出場し、5位で悔し涙を流していたワールドカップ(W杯)前回大会を動画投稿サイトで目にし、「人生で一度、トップの舞台でやりたい」と誓った4年前。翌年に日本代表デビューを果たし、今大会で堂々の3位に輝いた。今後は競技普及に向け、マネジャーなどサポート側への転身も思案中。代表を退き、次世代に思いを託す。

 ○…生田で生まれ、中野島小、中野島中学校、県立百合丘高校出身。中高ではソフトボール部で遊撃手、投手を経験した。体育教員を目指して日本体育大学に進み、野球部も検討したが断念。1年の終わりごろ、海外のタッチラグビーの動画を見て「スピーディーで動きがかっこいい」と心を動かされ、学内サークルを見学し、すぐに入部を決めた。「楕円球は触ったことなかったけど面白そうだなって」。当時は女子2人、総勢10人ほどだったが、今では100人規模に。同サークルOGにより結成された地域クラブ「BOOS」に、現在は身を置く。今回の女子代表16人のうち、所属選手7人が名を連ねる名門だ。

 ○…大学卒業後は市内で、希望していた自動車販売店の営業職に就き、土日出勤のため競技からは一時離れることに。2年ほどして「後悔したくない」と転職を決意し、再び選手生活へ。プロではないため無報酬で、勤務の傍ら代表合宿に毎月参加し、年1回の遠征費は20万円以上。それでもテレビ番組のアスリート企画に挑戦するなど、競技PRに心を傾けてきた。

 ○…夏と秋に全日本選手権を控えるクラブの練習は、多摩川河川敷。「のんびりした多摩区の雰囲気が好き。ずっと離れたくない」。中野島では神輿もかつぐ。自宅近くの生田浄水場に整備予定のグラウンドで、「いつかタッチラグビーの大会ができたら」。瞳を輝かせた。

多摩区版の人物風土記最新6

余湖 英子さん

多摩区文化協会の会長を務める

余湖 英子さん

中野島在住 66歳

10月18日号

古橋 岳也さん

川崎新田ボクシングジムのプロボクサーで、3度目の日本タイトル戦に挑む

古橋 岳也さん

枡形在住 31歳

10月11日号

櫻井 裕二さん

多摩新町自治会の会長で、先駆的に空家対策に取り組む

櫻井 裕二さん

宿河原在住 76歳

10月4日号

木村 元彦さん

設立10周年を迎えた「専修大学少年少女レスリング教室」で代表を務める

木村 元彦さん

東三田在勤 38歳

9月27日号

海法 潤二さん

辺野古の基地建設に対し、川崎から声を挙げようと市民団体を発足させた

海法 潤二さん

菅馬場在住 71歳

9月20日号

金子 敦さん

「菅獅子舞保存会」の会長を今年から務める

金子 敦さん

菅馬場在住 57歳

9月13日号

森田 忠正さん

「登戸研究所保存の会」で事務局長を務める

森田 忠正さん

登戸在住 74歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク