多摩区版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

多摩区PTA協議会の会長に先月就任した 木村 徹さん 菅在住 45歳

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena

親と子に寄り添って

 ○…区内の市立小学校14校、中学校7校のPTAが所属する「多摩区PTA協議会」で、会長としての日々が始まった。「21校のPTAが円滑に活動できるように支えていく立場」と、広い視野で区全体を見渡す。各校の会長が集う会議や委員会活動は、情報共有の場として重要なもの。「課題をどう解決するか考えたり、良い取り組みを参考にしたり。意見交換のできる場にしていきたい」

 ○…今から6年前、一人娘が菅小学校に入学し、同校の「お父さんボランティア」に参加。「知り合いがつくれるかなと思って」と、運動会など催しの手伝いに励んだ。2年目には、誘いを受けPTA本部役員に。書記、副会長を経て、会長を2年間務めた。思い出深いのは文科大臣表彰を受けたこと。親子で防災を考える「自助袋」の取り組みや全保護者参加の下校パトロール、主催イベント等が評価された。「自助袋は他の学校にも広がろうとしている。学校の内外につながりができ、いい経験をさせてもらった」

 ○…埼玉県生まれ、2人兄弟の長男。野鳥を見るのが好きで、中高は写真部に所属。週末は山や川でカメラを構えた。薬学を学ぶため富山県の大学に進むと、9年間研究に没頭し、さらに4年間米国へ。今も大学講師をしながら研究を続ける。「授業は時間が決まっているし、研究も自分次第」と、PTAと上手く両立する。

 ○…交通の便を考えて住まいに選んだ菅地区については、「都会が近いのに自然も残っている」と良さを語る。ここ10年ほどは近所を走ることが趣味で、ウルトラマラソンにも挑戦した。PTAのほか、芝間子ども会や菅中学校区地域教育会議など多方面で子どもたちを見守る。「地域で子どもを育てていると感じる。今後も関わり続けたい」。優しいまなざしを向けた。

多摩区版の人物風土記最新6

余湖 英子さん

多摩区文化協会の会長を務める

余湖 英子さん

中野島在住 66歳

10月18日号

古橋 岳也さん

川崎新田ボクシングジムのプロボクサーで、3度目の日本タイトル戦に挑む

古橋 岳也さん

枡形在住 31歳

10月11日号

櫻井 裕二さん

多摩新町自治会の会長で、先駆的に空家対策に取り組む

櫻井 裕二さん

宿河原在住 76歳

10月4日号

木村 元彦さん

設立10周年を迎えた「専修大学少年少女レスリング教室」で代表を務める

木村 元彦さん

東三田在勤 38歳

9月27日号

海法 潤二さん

辺野古の基地建設に対し、川崎から声を挙げようと市民団体を発足させた

海法 潤二さん

菅馬場在住 71歳

9月20日号

金子 敦さん

「菅獅子舞保存会」の会長を今年から務める

金子 敦さん

菅馬場在住 57歳

9月13日号

森田 忠正さん

「登戸研究所保存の会」で事務局長を務める

森田 忠正さん

登戸在住 74歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク