多摩区版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

(PR)

脳神経内科 パーキンソン病かどうかはどうやって判断できますか?

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena
加茂力院長
加茂力院長

 患者さんが診察室に入ってきたとき「パーキンソン病かもしれない」と直感することがあります。先入観を持ってはなりませんが、「もしかしたら」という発想は重要です。

 パーキンソン病は脳内のドパミンが減ることにより身体を自由に動かすことが難しくなる病気です。「歩き始めに足が出ない」「力があっても立ち上がれない」などの症状があります。動作の開始が遅れて動作そのものが遅くなる「動作緩慢・無動」に加えて、手足がこわばる「筋強剛」、じっとしているときにゆっくりとふるえる「静止時振戦」、転倒しやすくなる「姿勢保持障害」が四大症状です。

 これらの症状は、加齢による身体機能の低下と判断されてしまうことがあります。ふるえがない患者さんが「力が入らない」と症状を表現した場合、単なる筋力低下とみられてしまうことも少なくありません。転倒した患者さんに対しては、「どうして転倒したのか」を考える発想が必要です。

 症状に早い段階で気づくためには、地域における医療と介護の多職種連携が必要と考えます。患者さんの住む場所は多様で、自宅だけではなくさまざまな施設に居住しています。これに対応するため、多摩区内で医療介護多職種による研究会を続けています。成果として、介護職の人が「パーキンソン病かも」と気づく事例も出てきました。

 パーキンソン病の治療は目覚ましく進歩しています。生活を維持するため薬だけでなく、リハビリテーションと看護も専門性が求められています。イギリスでは、パーキンソン病ナースという専門資格を持つ看護師がケアすることが求められます。さらに、専門的な研修を受けた資格者のみ治療が許されるリハビリテーションがあります。当院に隣接する「登戸メディケア訪問看護ステーション」では、専門性の高い研修を受けた看護師とリハビリテーションスタッフが訪問して治療とケアを提供しています。

登戸内科・脳神経クリニック

多摩区登戸新町434

TEL:044-930-1050

http://noborito-cl.com/

多摩区版のピックアップ(PR)最新6

新車購入時こそ相談を

新車購入時こそ相談を

車買取専門店 アップル

7月3日号

成婚「一年以内」目標に

成婚「一年以内」目標に

川崎生田相談室だからできる

7月3日号

「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」7月1日、全面施行

「聞く・話す」英会話

「聞く・話す」英会話

登戸 2歳から大人まで

6月26日号

古い車も適正価格で

古い車も適正価格で

ハッピーカーズの出張査定

6月19日号

安心の永代供養墓が4万円

後々の費用一切なし/宗教自由

安心の永代供養墓が4万円

眞宗寺 川崎大仏が見守る霊園

6月19日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク