多摩区版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

台風19号 区内避難所に8千人超 「内水氾濫」 菅稲田堤・堰で

社会

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena

 10月12日の夜、東日本に大雨をもたらした台風19号。雨水が排水路などの処理能力を超えてあふれ、市街地の建物や道路が浸水する「内水氾濫」が菅稲田堤3丁目や堰1丁目を中心に発生した。

 多摩川の氾濫による浸水の恐れがあるとして、多摩区の想定区域にも12日午前10時、市が警戒レベル4の避難勧告を発令。区内の避難所は、土砂災害警戒区域の13カ所を含む15カ所を開設した。その後、避難者が急増したことを受け、夕方5時にさらに2カ所と、本来は帰宅困難者向けの避難所としている多摩市民館も臨時で開放した。

 区危機管理担当によると、避難所利用者数はピークとされる午後10時の時点で、18カ所合わせて8041人。避難所の小中学校では、体育館に加えて教室も開放した。利用者が最も多かったのは中野島小の1620人(午後10時時点)だった。

 内水氾濫が発生した三沢川流域では、家屋等が浸水被害に見舞われた。菅稲田堤3丁目に住む男性は「雨が強くなる前の夕方には、すでに水位が上がっていた。浸水は夜10時ごろがピークで、屋外の道路は1メートル以上で水没する自動車も。自宅1階は50センチくらいに達していた」と話す。

 市危機管理室によると、多摩区の浸水被害は翌日13日午後5時30分時点で約50件。停電は多摩区、高津区、中原区で約5300軒だった。

 区危機管理担当は「水害が予測される地域では、自宅で垂直避難するか、近所の高い所に行くか、避難所を使うか事前に取り決めておいてほしい」と警戒を呼びかけている。

 濡れた家財道具や資材など災害ごみの問合せは、多摩生活環境事業所(【電話】044・933・4111)で受け付けている。

多摩区版のローカルニュース最新6

2駅長、地元と交流

JR・小田急 登戸

2駅長、地元と交流 社会

多摩区 有志が「歓送迎会」

2月14日号

かながわ駅伝惜しくも2位

二重奏 美しく響く

二重奏 美しく響く 文化

「あいのね」宿河原で

2月14日号

冬に咲く「貴婦人」

冬に咲く「貴婦人」 文化

緑化センター

2月14日号

16日、書家展で語る

「令和」揮毫 茂住さん

16日、書家展で語る 文化

2月14日号

新愛称に「ふれあい」

新愛称に「ふれあい」 社会

多摩川サイクリングコース

2月14日号

人権と行政合同相談所

人権と行政合同相談所 社会

28日 区役所

2月14日号

産直販売所「黒豚のいなほ」

世界一の黒豚づくりを目指す鹿児島渡辺バークシャー牧場

http://www.inahop.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク