多摩区版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

多摩区文化協会の会長を務める 余湖 英子さん 中野島在住 66歳

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena

音色で継ぐ、代々の思い

 ○…伝統芸能やバレエ、生け花など、区内団体らが所属する設立50年の多摩区文化協会。中野島で藤本流三味線「音仁会」を主宰する身として、地域にも目を向けようと15年前に入会した。「芸事は厳しい世界なのに皆さん温かく、娘のように迎え入れてくれた」。会長に昨年就き、公演や地域の催し、文化を継ぐ講習会に取り組む。「市の文化祭でも多摩区はいつも大勢で全力投球。団結力がある」と魅力を語る。

 ○…高校生のとき、事業を営む父親に誘われた慰安旅行でのこと。芸者の三味線に合わせて父親が小唄を披露した。「まさか父が歌うなんて。それなら私が弾く」。すぐ東京で習い始め、その楽しさに没頭した。20代前半で名取になったが、披露前に父親が他界。それでも上へ上へとしのぎを削り、全国や海外で活躍するまでに。3年目になるギリシャ公演では、華やかな舞踊に勝る最大の拍手が送られたという。自然の素材を生かした和楽器で「日本の心」を届ける。

 ○…川崎区出身。姉と兄、弟に囲まれ、男子に交ざって野球をする天真爛漫な少女だった。「ガキ大将みたいな。50年ぶりくらいのクラス会で平謝りした」と笑みをこぼす。中野島で暮らして30年。近所の桜や日本民家園がお気に入りだ。近くに住む息子の妻は弟子の一人。「今、弟子は8人。ここでみんなが先生になるまで育てていきたい」

 ○…90年続く「多摩川音頭」の継承に対する思いは人一倍。「歌詞で地域の風土や歴史が全てわかる。若いころ作曲者に会ったこともあり、いろんな面で縁を感じる」。数少ない継承者から直に習い、会員に楽譜を提供するなど先導して動く。「地域の古い芸能は他にもある。独自の文化を、心して残さないといけない」。多摩区の郷土と受け継がれた技を、後世へつなぐ。

産直販売所「黒豚のいなほ」

世界一の黒豚づくりを目指す鹿児島渡辺バークシャー牧場

http://www.inahop.com

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

大石 千明さん

枡形中学校創立40周年記念実行委員会の実行委員長を務めた

大石 千明さん

生田在住 60歳

11月15日号

武井 慎一郎さん

川崎市ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動を支える

武井 慎一郎さん

高津区在住 53歳

11月8日号

北條 秀衛さん

20周年を迎えた川崎市岡本太郎美術館の館長を務める

北條 秀衛さん

麻生区在住 73歳

11月1日号

山田 大晟さん

専修大学ゴルフ部OBで、2019年度のプロテストに合格した

山田 大晟さん

相模原ゴルフクラブ所属 24歳

10月25日号

古橋 岳也さん

川崎新田ボクシングジムのプロボクサーで、3度目の日本タイトル戦に挑む

古橋 岳也さん

枡形在住 31歳

10月11日号

櫻井 裕二さん

多摩新町自治会の会長で、先駆的に空家対策に取り組む

櫻井 裕二さん

宿河原在住 76歳

10月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク