多摩区版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

岡本太郎美術館 緑と20年、新時代を歩む 式典に100人 期待の声

文化

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
美術館のシンボルとして親しまれる「母の塔」
美術館のシンボルとして親しまれる「母の塔」

 生田緑地にある川崎市岡本太郎美術館(枡形)が、10月30日に開館20周年を迎えた。25日には同館で記念式典を開催。参加者は20年の歩みを振り返り、これからの美術館に対する思いを新たにした。

 20世紀を代表する芸術家・岡本太郎氏は高津区出身。1991年、2千点におよぶ作品を川崎市に寄贈したことから美術館の建設構想が始まった。それから8年、生田緑地の豊かな自然と芸術作品を五感で楽しむことができる「体験型美術館」として99年に開館。景観を守るため展示スペースの大部分は地下にあり、シンボルの「母の塔」は自然の中で共生している。

 同館では太郎作品が楽しめる常設展のほか、近現代の美術や新人作家を紹介する展覧会を企画。幅広い年代に向けたイベントも展開してきた。年間約7万人が訪れ、昨年年11月に総入館者数150万人を達成した。

館長ら、思い強く

 記念式典には関係者や地域団体代表など約100人が参列。福田紀彦市長は「市にとっても大切な美術館。引き続きご協力を」と話し、東京五輪や大阪万博に触れながら「国内外の来館者がますます増えるのでは。岡本太郎と川崎市の魅力を同時に発信できる」と期待を寄せた。川崎市観光協会の斎藤文夫会長は「この地に美術館があることは我々市民の誇り。岡本芸術を世界に披露する拠点として、さらなる発展を」と祝意を表した。

 翌26日からの記念展後期の開催を祝し、同館の北條秀衛館長=人物風土記で紹介=と福田市長、多摩区商店街連合会の安陪修司会長がテープカット。最後のあいさつでは、北條館長の呼びかけで同館職員が1人ずつ自己紹介をし、それぞれに拍手が送られた。北條館長は「今までの歩みを振り返るとともに、令和の時代を歩んでいくという覚悟を職員一同で固めようと、この20周年を企画してきた。これからも温かいご支援をお願いしたい」と思いを語った。

つづく記念事業

 同館は今年7月から来年1月の間、20周年記念展「これまでの企画展みんな見せます!」を開催。入館者への特典として、限定の「TAROシール」を配布している(後期展は毎日先着100人)。

 リーフレットも刷新し、これまでの日本語と英語版に加えて韓国語、中国語版を作成。今まで日本語だけだった音声ガイドは同4言語に多言語化した。展覧会の記録をたどった冊子と、全ての収蔵品をまとめた目録も発行し、節目の年に美術館の変遷を振り返っている。

(右から)北條館長、福田市長、安陪会長
(右から)北條館長、福田市長、安陪会長
参列者へ感謝を伝える北條館長と職員ら
参列者へ感謝を伝える北條館長と職員ら

多摩区版のトップニュース最新6

特別教室 ウェブ予約に

中野島小

特別教室 ウェブ予約に 教育

市、施設活用へ試験導入

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

せせらぎ館に「支援」自販機

せせらぎ館に「支援」自販機 社会

売上で美化推進、県内初

2月7日号

台風被害 共有し議論

区自主防災連絡協議会

台風被害 共有し議論 社会

初の研修会、100人超

2月7日号

川崎生まれ果実酒 促進へ

川崎生まれ果実酒 促進へ 経済

市、県内初の「特区」申請

1月31日号

住宅防火支え、解散へ

婦人消防隊

住宅防火支え、解散へ 社会

36年で延べ1万5千人超

1月31日号

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク