多摩区版 掲載号:2019年11月22日号 エリアトップへ

こどもふれあいステージ中野島 公私立 枠超え継続 カリタスに生徒ら175人

教育

掲載号:2019年11月22日号

  • LINE
  • hatena
(上から)カリタス女子中高、中野島こども文化センター、中野島中
(上から)カリタス女子中高、中野島こども文化センター、中野島中

 音楽や踊りを通じた交流を掲げ、中野島中学校区地域教育会議(乾充徳議長)は11月16日、「こどもふれあいステージin中野島」をカリタス学園の講堂で開催。8回目になる同イベントには、同学園と地元小中学校の6団体の児童、生徒延べ175人が出演。公立と私立の枠を超え、合唱や合奏を披露した。

 前回に続き、今年もカリタス女子中学高校コーラス部とカリタス小学校合唱クラブ、市立中野島中学校の合唱部と吹奏楽部、市立中野島小学校合唱団が出演。就任8年目の乾議長は「公立と私立の学校がこのように連携した行事は珍しい。カリタス学園の校風のおかげ」と感謝を込める。

 今年は「こどもふれあいコンサート」から「こどもふれあいステージ」に名称を変え、中野島こども文化センターの団体が新たに仲間入り。中野島小と下布田小のわくわくプラザ(学童保育)の児童35人による「中野島ロックソーラン隊」が出演し、会場を彩った。

 主催者によると、当日は子どもから大人まで例年より多い380人が来場。各団体は演奏や振り付けでそれぞれ工夫を凝らし、客席を沸かせていた。最後は出演者と来場者が一体で唱歌「ふるさと」を合同合唱した。

 カリタス女子中学高校の高山朋子副校長は「5月の悲しい出来事の際は、近隣の皆様に大変なご迷惑とご心配をおかけし、また多くの温かい励ましのお言葉をいただいた」と感謝を表し、「例年のように会場校として一緒に楽しむことができてうれしく、パワーをもらった。これからも地域に根ざした学園を目指す」と思いを語った。

 同会議では多世代の交流会や、地元の園児と児童、生徒らによる花植え活動を企画するなど、学校と家庭、地域の連携に取り組んでいる。

多摩区版のトップニュース最新6

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

12月6日号

背泳ぎで東京めざす

パラ金メダリスト成田真由美さん

背泳ぎで東京めざす スポーツ

来春、代表選考会に照準

12月6日号

交通問題 解消へ一歩

自治会 生田山の手

交通問題 解消へ一歩 社会

タクシー活用から検討

11月29日号

女子 初の関東大会へ

稲中駅伝部

女子 初の関東大会へ スポーツ

27年ぶり市制覇、1日号砲

11月29日号

30施設 復旧は来年度

多摩川河川敷

30施設 復旧は来年度 社会

市、原状回復へ補正予算

11月22日号

住民説明会 月末に

フロンタウン生田

住民説明会 月末に 経済

市、川崎Fと契約へ

11月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク