多摩区版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

中野島小 特別教室 ウェブ予約に 市、施設活用へ試験導入

教育

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena
中野島小の特別活動室
中野島小の特別活動室

 学校施設開放の新たな試みとして川崎市教育委員会は先月、市立中野島小学校でインターネットの利用予約システムを先行導入。登録団体はウェブ上で、特別教室の予約や空き状況照会ができる。市内校の施設利用促進に向け、市は利便性や課題を検証していく。

 体育館や校庭に比べ、市内で利用頻度の低い特別教室を有効活用しようと、市は昨年から「Kawasaki教室シェアリング」と題し、市民講座や共同作業場としての開放を試行。4つ目の取り組みとして、中野島小学校でインターネットによる特別教室の利用予約システムが導入された。

 同校ではこれまで利用調整会議を年に数回開き、登録団体が申し込み用紙で提出した施設利用の希望を教務主任がまとめ、月ごとに一覧表を作成。予約変更やキャンセル、空き施設の照会等を電話で受けていた。新システムでは登録団体に付与されるIDを用いて、利用調整会議により決定した予約状況がウェブで確認できるように。空き施設の追加予約やキャンセル手続きも可能で、ウェブ上で随時更新される。

 システム導入日の1月28日には、同校の登録団体向けに説明会を実施。「ネット上で予約状況が一覧でわかるのはありがたい」「きちんと運用できれば便利」との声が挙がった。山崎惠子校長は「今まで教員1人で担当していた紙ベースの作業や電話対応がなくなるのは大きい。『働き方改革』にもつながる」と期待を寄せる。

 新システムの対象は同校の特別教室棟にある特別活動室、家庭科室、図書室、理科室、図工室、音楽室の6室。地域団体の中小(なかしょう)施設マネジメントが委託を受け運営する。

 学校施設の2018年度の延べ利用数は、市全体で体育館の5万8743回に対し、特別教室が1万1270回と少ない。中野島小では体育館の693回(1万9582人)に対し、特別教室は449回(6801人)と多い傾向だった。

多摩区版のトップニュース最新6

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

せせらぎ館に「支援」自販機

せせらぎ館に「支援」自販機 社会

売上で美化推進、県内初

2月7日号

台風被害 共有し議論

区自主防災連絡協議会

台風被害 共有し議論 社会

初の研修会、100人超

2月7日号

川崎生まれ果実酒 促進へ

川崎生まれ果実酒 促進へ 経済

市、県内初の「特区」申請

1月31日号

住宅防火支え、解散へ

婦人消防隊

住宅防火支え、解散へ 社会

36年で延べ1万5千人超

1月31日号

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク