多摩区版 掲載号:2020年2月21日号 エリアトップへ

俳優として、一人芝居「看取り」を市内で初めて上演する 水島 涼太さん 東生田在住 68歳

掲載号:2020年2月21日号

  • LINE
  • hatena

出会い紡ぐ 役者人生

 ○…5年前、稲城市で87歳の母を看取った。認知症と特養生活、急な入院と「看取り」の決断、最期に贈った歌――。人情ものや時代劇、真面目な刑事役も演じてきたが、今作では「目の前のおふくろ」と一人で向き合う。「この経験をお前なりに仕上げろというのがおふくろからのメッセージだと思う。最後に決断した人、もっとやれたなと思っている人、皆の心の救いになれば」。話しながら、今でも涙ぐむ。

 ○…池袋に生まれ、幼少期から母に連れられ喜劇を楽しんだ。学芸会では主役、町ののど自慢に出場と目立ちたがり屋。芸能の道を歩み始めたのは70年代のフォークブームの中、バンド「うめまつり」が始まり。78年、脚本家・山田太一さんの作品「上野駅周辺」で主演デビューし、火曜サスペンスのレギュラーや大河ドラマの助演者など、40年演じ続ける。「若いときから助演男優賞を取りたくて。100歳でも現役でいたい」。名脇役の先人の姿から「体力があれば何歳でもやれる」と体づくりに精を出す。

 ○…一男一女の父。小田急沿線はスタジオが多く、多摩区に住んで10年ほど。「その店の味」が楽しめる自営の飲み屋が好きで、登戸には以前から足を運ぶ。市内は知人が少なかったが、輪が最近広がりつつある。来月の公演も、そんなつながりが後押しに。「共感してもらえたり制作に入ってくれたり。『看取り』はライフワークにしたい」

 ○…座長を務める劇団未成年では、「交流会公演」として宴会を交え、観客と距離の近い公演を続ける。今秋には出演する映画「信虎」の公開も。「俳優は一人じゃずっとやれない。でも助けてくれる人、『今どうしてる』と声をかけてくれる人がいる。出会いでつながっていく」。縁が導く、舞台に立つ。

多摩区版の人物風土記最新6

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

登戸在住 60歳

3月27日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月20日号

岡本 幹彦さん

多摩区ソーシャルデザインセンター(多摩SDC)の代表を務める

岡本 幹彦さん

中野島在住 58歳

3月13日号

松岡 嘉代子さん

「向ヶ丘遊園の緑を守り、市民いこいの場を求める会」の事務局長を務める

松岡 嘉代子さん

東生田在住 72歳

3月6日号

草間 園子さん

東日本旅客鉄道(JR東日本)登戸駅で、女性初の駅長に着任した

草間 園子さん

東京都在住 44歳

2月28日号

水島 涼太さん

俳優として、一人芝居「看取り」を市内で初めて上演する

水島 涼太さん

東生田在住 68歳

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク