多摩区版 掲載号:2020年2月28日号 エリアトップへ

市政報告 子どもたちがゆたかに学べる川崎に 日本共産党 川崎市議会議員 赤石ひろ子

掲載号:2020年2月28日号

  • LINE
  • hatena

 公立学校教職員の「変形労働制」が国会で可決・成立し、2021年4月から自治体が条例を制定すれば導入が可能となりました。これは教員の働き方を、閑散期にまとめて休み、繁忙期には勤務時間を1日10時間まで延ばして調整するものですが、長時間労働を助長する懸念もあります。

 こうした動きに、昨年末、私の担当区域である多摩区南部の市立小中学校12校全校を訪問し、学校現場の生の声を聞いてきました。「教員に仕事の閑散期はない」「授業準備や子どもたちとかかわる時間がもっと欲しい」「働き方改革よりも、まずは教員不足の解消が先」と多くの先生が訴えています。

教員を増やすべき

 川崎市教育委員会の調査からも、残業時間が月80時間を超える教員は小学校で3割、中学校で6割もいて、過労死や精神疾患が原因の休職者は増加傾向と、教員の過酷な労働実態は明らかです。教員が疲れ果てている学校で、子どもたちがゆたかに学べるとは思えません。教員の事務負担を軽減する学校事務支援員の配置は多摩区では4校。新年度は全市的に増員が予定されていますが、それでは根本的解決にはなりません。

 子どもたちの教育環境でいま真っ先に増やすべきは、子どもたちに直接かかわる教員です。そして、子どもたちの小さな声もしっかり聴きとれる35人以下の少人数学級を、小3以降も中学まで実現すべきです。

 また、どの子にもゆたかな教育環境を保障する、就学援助項目の拡大や、学校給食無償化、中学卒業まで通院の所得制限なしの医療費完全無料化などを引き続き訴えていきます。

赤石ひろ子

川崎市多摩区登戸1728 吉澤電工ビル201号室

TEL:044-930-1885
FAX:044-930-1887

http://www.akaishi-hiroko.jp/

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ一色の中、一歩先の未来を議論

議会報告

コロナ一色の中、一歩先の未来を議論

川崎市議会議員 上原まさひろ

10月22日号

くらしと街、経済を支える決意

もっと自分らしさを実現できる社会へ。 意見広告

くらしと街、経済を支える決意

国土交通副大臣 前衆議院議員 中山のりひろ

10月15日号

正直で、公正な、開かれた政治を

”人づくりなくして国づくりなし” コロナ禍の今こそ 意見広告

正直で、公正な、開かれた政治を

立憲民主党第9区総支部 笠(りゅう)ひろふみ

10月15日号

コロナ禍に挑む提言が実現!

市政報告

コロナ禍に挑む提言が実現!

公明党 川崎市議会議員団 河野(こうの)ゆかり

9月24日号

コミュニティ交通の運行実現に向け、大きく前進

市政報告

コミュニティ交通の運行実現に向け、大きく前進

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

9月17日号

災害から命を守るために

市政報告Vol.5

災害から命を守るために

〜 知ろう備えよう、あなたの防災 〜川崎市議会議員 無所属 吉沢章子

9月10日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】10月18日16時~予定/20日:本店リフレッシュオープン予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook