多摩区版 掲載号:2020年5月15日号 エリアトップへ

明大院生 SNSで生田に一助 「イクタベル」地図製作も

社会

掲載号:2020年5月15日号

  • LINE
  • hatena
会議の様子=同研究室提供
会議の様子=同研究室提供

 明治大学大学院理工学研究科(生田キャンパス)の学生が今春から、生田地区の飲食店情報等を発信する「イクタベルプロジェクト」に取り組んでいる。SNSを活用し、学生目線で地域のためにできることを模索する。

 同プロジェクトを企画するのは、都市計画研究室の学生ら8人。学生と地域との関わりを生み出そうと1月に始動した。はじめに商店街とのつながりを探っていたが、新型コロナウイルス感染症が流行。催しの企画ができない中、まずできることとしてSNSでの情報発信に手をつけた。

 SNSでは、コロナ禍で影響を受ける飲食店のテイクアウト情報を中心に、生田に関連する情報を発信。生田中央商店会とも連携し、生田駅周辺のマップ製作に取り組んでいる。「厳しい状況下で学生の立場で力になれたら。今回の出会いを他の活動にもつなげたい」と同研究室の田口諒さん(修士2年)。同商店会の山田美佐男会長は「感染拡大前から商店会活動は厳しい面も多いが、飲食店を中心に力を合わせ頑張っている」とし、「学生たちの自発的な活動はありがたい」と話す。

 同プロジェクトのツイッターとインスタグラム、フェイスブックは、「ikutable」で検索。

多摩区版のローカルニュース最新6

長尾小 全児童に布マスク

【Web限定記事】

長尾小 全児童に布マスク 教育

PTA リレーで手作り

5月29日号

給付金 便乗詐欺に用心

【Web限定記事】

給付金 便乗詐欺に用心 社会

県警、動画で呼びかけ

5月29日号

外出自粛で献血減少懸念

【Web限定記事】

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月29日号

それぞれの「見守り」

それぞれの「見守り」 社会

登戸事件1年 多摩署で黙とう

5月29日号

来週から分散登校

地元応援券に要望

市商連

地元応援券に要望 経済

各区の声受け、市へ提出

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 6月1日19:54更新

  • 5月28日18:06更新

  • 5月19日19:24更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク