多摩区版 掲載号:2020年6月19日号 エリアトップへ

川崎市寺子屋 枡中・稲中 初の合同開講 15日に活動再開、一番乗り

教育

掲載号:2020年6月19日号

  • LINE
  • hatena
運営の(左から)池上さんと前川武範さん、小嶋才人さん
運営の(左から)池上さんと前川武範さん、小嶋才人さん

 枡形中学校の生徒を対象にした「地域の寺子屋事業」が6月15日に運営を再開。今回から稲田中学校が新たに加わり、市内初の2校受け入れ体制で始動した。市内各所の同事業は新型コロナウイルスの影響で休止していたが、今後は活動再開に向け調整していく。

 市立小・中学校単位で世代を超えた学びの場を提供しようと、市と地域が一体で取り組む寺子屋事業。市内56カ所目、中学校では5カ所目に稲田中が参入し、2016年から続く枡形中との合同寺子屋「まなてら」が始動。今年度、市内で最も早い15日に開講した。

 コロナ対策で開館時間短縮中の児童館「すかいきっず」から宿河原会館に会場を移し、迎えた今年度初日。生徒への告知が当日だったこともあり、参加者はゼロだった。運営団体の委員長・池上紅実さんは「休校による子どもたちへの影響は大きい。一刻も早く再開したかった」と話し、「学習の格差を少しでも埋められれば」と意欲を見せる。

 会場は原則、毎週月曜が宿河原会館、水曜と金曜は新川町会会館(登戸)で、午後7時から8時30分。中学生は小学生とは異なり事前登録は不要。課題や宿題などを各自が持参し、運営側の大人や学生が相談に乗るなど多方面でサポートを担う。

小学校も再開調整

 市の寺子屋事業は2014年に開始。多摩区では枡形中と稲田中のほか小学校10カ所が対象校だ。他校に先駆け、中野島小で寺子屋を運営してきたNPO法人かわさき創造プロジェクト理事の大下勝巳さんは「学校の事情を最優先に、安全面に十分配慮しながら活動再開を協議していく」と話す。今年度、新規開講予定だった東生田小の実行委員会では、活動開始について24日に話し合うという。

 小学校の寺子屋は登録制で事前募集を行う。市教育委員会によると、各所の再開は7月から9月ごろの見通しだ。

多摩区版のトップニュース最新6

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

生田緑地 区域変更へ

遊園跡地都市計画

生田緑地 区域変更へ 経済

説明会に50人超、意見交換

7月3日号

レジ袋有料化で転機

商店会エコポイント

レジ袋有料化で転機 経済

新たに「SDGs」啓発へ

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立を

熱中症・コロナ 対策両立を 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

枡中・稲中 初の合同開講

川崎市寺子屋

枡中・稲中 初の合同開講 教育

15日に活動再開、一番乗り

6月19日号

向ヶ丘店 9月末閉店

ダイエー

向ヶ丘店 9月末閉店 経済

「再出店」へ調整、計画は未定

6月19日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク