多摩区版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

創部30周年の「多摩ミニバスケットボールクラブ」で代表を務める 佐藤 勝さん 中野島在住 65歳

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena

「子ども目線」で楽しさ追求

 ○…川崎市立の小学校教諭として定年過ぎまで勤務。競技は未経験ながら、バスケットボールを通じて「体」「心」「友達」の3つをつくることを目標に、子どもたちと向き合ってきた。「バスケはもちろん体育やスポーツが好きになってくれたらうれしい」。発足から倍以上に増えた男女100人規模のクラブで、一人ひとりに思いを込める。

 ○…初任地の下布田小で、先輩に誘われて初めてバスケを指導。転勤先の東生田小でミニバスチームをつくったのが始まりだった。練習は週2日ほどで「やり過ぎない」「教え過ぎない」がモットー。「競技者としてではなく、教員だからこそ自分にやる価値があるはず」。勝てるチームよりも人間教育を重視してきた。当初は卒業してバスケから離れるケースが多かったが、ここ十年は中高の部活でも続ける卒業生が増加。現在は、養護学校の教員と教員志望の大学生の教え子2人がスタッフとしてクラブに携わる。「やっててよかったなって思う」

 ○…市立向丘中、県立生田高時代は剣道に打ち込み、高校ではサッカー部も兼部。大学では社会科で中学校教諭の資格を取得したが、夜間大学に入り直し小学校教諭の道へ。縁あって市立小学校体育研究会の門を叩き、西梶ヶ谷小の校長時代は会長も務めた。「目標にどうやって到達するか。練習方法を探したり、子どもたちの自発的な思考や行動を促したい」。子ども目線を忘れずに、楽しみ方を追求し続ける。

 ○…平日は放課後のスポーツ教室を運営するNPO法人で働き、バスケも指導。週末は多摩ミニバスだが、「元気なうちは続けたい」と前向きだ。学校やバスケを撮り続けてきた「カメラも再開したい」。新型コロナで休止中のミニバス。活動を心待ちにする。

多摩区版の人物風土記最新6

望月 幸男さん

菅町会のウェブサイトで「菅のスケッチ散歩」を連載する

望月 幸男さん

菅馬場在住 81歳

7月3日号

佐藤 勝さん

創部30周年の「多摩ミニバスケットボールクラブ」で代表を務める

佐藤 勝さん

中野島在住 65歳

6月26日号

宮野 哲也さん

藤子・F・不二雄ミュージアムの館長を昨年12月から務める

宮野 哲也さん

長尾在勤 64歳

6月19日号

増田 朝光さん

多摩消防団の団長に今春就任した

増田 朝光さん

菅馬場在住 68歳

6月12日号

権平 豊さん

長尾台コミュニティバス利用者協議会の会長に今春就いた

権平 豊さん

長尾在住 64歳

6月5日号

岡本 次郎さん

今春、多摩区老人クラブ連合会の会長に着任した

岡本 次郎さん

宿河原在住 81歳

5月29日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク