多摩区版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

創部30周年の「多摩ミニバスケットボールクラブ」で代表を務める 佐藤 勝さん 中野島在住 65歳

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena

「子ども目線」で楽しさ追求

 ○…川崎市立の小学校教諭として定年過ぎまで勤務。競技は未経験ながら、バスケットボールを通じて「体」「心」「友達」の3つをつくることを目標に、子どもたちと向き合ってきた。「バスケはもちろん体育やスポーツが好きになってくれたらうれしい」。発足から倍以上に増えた男女100人規模のクラブで、一人ひとりに思いを込める。

 ○…初任地の下布田小で、先輩に誘われて初めてバスケを指導。転勤先の東生田小でミニバスチームをつくったのが始まりだった。練習は週2日ほどで「やり過ぎない」「教え過ぎない」がモットー。「競技者としてではなく、教員だからこそ自分にやる価値があるはず」。勝てるチームよりも人間教育を重視してきた。当初は卒業してバスケから離れるケースが多かったが、ここ十年は中高の部活でも続ける卒業生が増加。現在は、養護学校の教員と教員志望の大学生の教え子2人がスタッフとしてクラブに携わる。「やっててよかったなって思う」

 ○…市立向丘中、県立生田高時代は剣道に打ち込み、高校ではサッカー部も兼部。大学では社会科で中学校教諭の資格を取得したが、夜間大学に入り直し小学校教諭の道へ。縁あって市立小学校体育研究会の門を叩き、西梶ヶ谷小の校長時代は会長も務めた。「目標にどうやって到達するか。練習方法を探したり、子どもたちの自発的な思考や行動を促したい」。子ども目線を忘れずに、楽しみ方を追求し続ける。

 ○…平日は放課後のスポーツ教室を運営するNPO法人で働き、バスケも指導。週末は多摩ミニバスだが、「元気なうちは続けたい」と前向きだ。学校やバスケを撮り続けてきた「カメラも再開したい」。新型コロナで休止中のミニバス。活動を心待ちにする。

多摩区版の人物風土記最新6

藤田 智也さん

50周年を迎える「かわさき宙と緑の科学館」で、今年度から館長を務める

藤田 智也さん

枡形在勤 51歳

7月23日号

富岡 明美さん

「百合の花咲く丘プロジェクト」を発足させ、活動に11年携わる

富岡 明美さん

県立百合丘高 元PTA会長 61歳

7月16日号

廣田 光治さん

中野島商店会の会長に今春着任した

廣田 光治さん

中野島在住 57歳

7月9日号

土方 明司さん

川崎市岡本太郎美術館の第3代館長を今春から務める

土方 明司さん

枡形在勤 60歳

7月2日号

吉澤 朋充さん

新庁舎が完成した多摩区役所生田出張所で、所長に今春就いた

吉澤 朋充さん

登戸在住 56歳

6月25日号

関山 浩司さん

登戸区画整理事務所の所長に、今春就いた

関山 浩司さん

長尾在住 55歳

6月18日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】7/19(月)16時~予定!中野島エリアは駅近で駐車場計114台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter