多摩区版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

JAセレサ 「足踏み式消毒」 区に寄贈 5台、総合庁舎で活用

社会

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena
消毒機器を贈る河合理事(右)と荻原区長
消毒機器を贈る河合理事(右)と荻原区長

 セレサ川崎農業協同組合(JAセレサ川崎/原修一組合長)が10月22日、足踏み式の手指消毒機器5台を多摩区に寄贈した。消毒液が入った容器を設置し、ペダルを踏むことで手で触れることなくポンプが押される仕組み。今後、区総合庁舎内で使用される。

 同JAでは新型コロナウイルスの影響で、農業まつりや野菜の品評会などの恒例行事について来年3月まで中止が決定。代替の地域貢献として、市内各地区で機器の寄贈などに取り組んでいる。

 22日はJA稲田地区の河合秀明理事と、稲田支店の村上慎慈支店長、宿河原支店の柏木泰仁副支店長が区役所を訪問。荻原圭一区長に機器を贈呈した。河合理事は「区役所で有効に活用していただければ」と話し、荻原区長は「足踏み式で感染防止になる。早速配置して、多くの市民に利用していただきたい」と感謝を表した。

 また、JA稲田地区から区へ、子ども食堂等で使う野菜の提供も提案。多摩区ソーシャルデザインセンターなどで実施中の子ども食堂での活用を検討していく。村上支店長は「地元の野菜を配布することで、少しでもお役に立てたら」と思いを話していた。
 

多摩区版のローカルニュース最新6

「科学脳の児童生徒集まれ」

【Web限定記事】

「科学脳の児童生徒集まれ」 教育

川崎北部 発明クラブが新会員募集

2月19日号

劇団辻シアター 「紙芝居」で人情喜劇

【Web限定記事】

劇団辻シアター 「紙芝居」で人情喜劇 文化

3月13日 多摩市民館

2月19日号

市内産イチゴでフロンターレ応援

【Web限定記事】JAセレサ川崎

市内産イチゴでフロンターレ応援 社会

多摩区・上原さんら生産者 100パックを寄贈

2月19日号

コロナ禍とSDGs、問題解決探る

【Web限定記事】

コロナ禍とSDGs、問題解決探る 社会

「メサ・グランデ」支援へ 2月23日にオンライン講座

2月19日号

「とんもり」写真で活動伝える

【Web限定記事】

「とんもり」写真で活動伝える 文化

自然守る会 二ヶ領せせらぎ館で

2月19日号

雇用・労働の「困った」、社労士に聞く

【Web限定記事】川崎市

雇用・労働の「困った」、社労士に聞く 経済

無料相談会 多摩区役所で2月26日

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク