多摩区版 掲載号:2021年1月15日号 エリアトップへ

百合高 級友39人 聖マリに感謝 寄せ書き、医療従事者へ

教育

掲載号:2021年1月15日号

  • LINE
  • hatena
全員のメッセージを収めた額縁を持つ(左から)宇山君、齋藤さん、下川さん。吉川教諭(右)と4人で聖マリ病院を訪れる予定
全員のメッセージを収めた額縁を持つ(左から)宇山君、齋藤さん、下川さん。吉川教諭(右)と4人で聖マリ病院を訪れる予定

 コロナと闘う医療従事者に、感謝を込めてメッセージを――。県立百合丘高校(南生田)2年2組の生徒39人が昨年12月、それぞれの気持ちを伝えようとメッセージカードを一枚ずつ作成。装飾を凝らして3つの額縁に収め、きょう1月15日に聖マリアンナ医科大学病院に届ける予定だ。

 同校では11月の文化祭で予定していたクラスごとの出し物が中止に。代替案として12月25日に「お楽しみ会」を発案した2年2組では、担任の吉川純子教諭の提案をもとに、医療従事者にメッセージを贈る独自企画を同時に打ち立てた。

 生徒会長の齋藤心優(みゆ)さん、学級委員長の宇山颯人(はやと)君と、下川明結実(あゆみ)さんが中心で12月半ばに始動。時間が限られる中、授業の合間などで準備を進め、宇山君は個々に声がけしてメッセージカードを集めた。齋藤さんと下川さんは、イラストや言葉など一枚一枚の良さが引き立つように、台紙への貼り方など配置を工夫。装飾を含めてデザイン全般を担い、ほぼ1日で仕上げた。

 「文字で何かを表す、温かい気持ちをみんなに持ってほしい」と願う吉川教諭は、花の挿絵のほか「絆」や「命」の文字でできたハート=写真下=を制作。思いがこもったハートは、額縁の一つの中央に据えられた。

 完成品は先月のお楽しみ会で披露。齋藤さんは「一人ひとりがカードをきちんと完成させてくれた。クラスの団結力ってすごい」、宇山君は「学校行事がない中、まとまりを感じた」と充実感をにじませた。下川さんは「みんなの反響がよかった。このクラスで何かができる喜びを味わえた」と笑顔を見せた。
 

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

3300株 咲き競う

生田緑地ばら苑

3300株 咲き競う 文化

春の一般開放、22日まで

5月13日号

緩和ケア病棟を新設

川崎市立多摩病院

緩和ケア病棟を新設 社会

今月、12床でスタート

5月13日号

18年ぶり、市内で

県華道展

18年ぶり、市内で 文化

23団体267点を展示

5月13日号

憲章Tシャツで応援

憲章Tシャツで応援 社会

売上の一部、障害者へ

5月13日号

「下校庭」意見募る

生田出張所

「下校庭」意見募る 社会

整備に向け、20日まで

5月13日号

石垣の運動上映と講話

石垣の運動上映と講話 文化

6月5日

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook