多摩区版 掲載号:2021年2月26日号 エリアトップへ

【Web限定記事】のらぼう菜 新品種の愛称「かわさきつや菜」に 川崎市が公募 ロゴマークも決定

社会

掲載号:2021年2月26日号

  • LINE
  • hatena
「かわさきつや菜」のロゴマーク=市提供
「かわさきつや菜」のロゴマーク=市提供

 川崎市農業技術支援センターで誕生した、のらぼう菜の新品種「川崎市農技1号」の愛称が、公募により「かわさきつや菜」に今月決定。同時にロゴマークも決まった。

 「川崎市農技1号」に親しみを持ってもらおうと、市が愛称とロゴマークを募集。全国の3歳〜80代から愛称1096点、ロゴマーク155点が寄せられ、職員の1次選考を経て、外部有識者の意見も踏まえて選出した。

 愛称部門で最優秀作品に選ばれた横尾伸子さん(大阪府)は「川崎生まれ、つやの良い見た目、美味しくて栄養価が高い、それら全てを表現しました。まずは、地元の方に愛される野菜になってほしい」とコメント。ロゴマーク部門で最優秀の伊藤勝則さん(岩手県)は「子どもから大人まで、みんなに末永く愛されるよう『カワイイ』デザインにしました。ロゴを通じて、新しく生まれた野菜を知ってもらい、美味しさを実感してほしい」と思いを込めた。

 かわさきつや菜は、のらぼう菜の研究中に同センターで生まれ、10年間かけて育てた後に品種登録。葉や茎に光沢があり、甘みがあるのが特徴で、収穫期は2月下旬から4月上旬ごろ。2月16日から、セレサモス宮前店や麻生店で販売された。市は、販売所の野菜袋や冊子などを通じて周知していく。

「バンバンなら私もいける!」

【本店】空調設備を一新!5/17(月)9:10オープン予定!各店で感染対策中

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

市内バス クラフト作品に

川崎市

市内バス クラフト作品に 文化

素材を提供、写真公募も

5月14日号

鮮やかに、色づく花園

生田緑地ばら苑

鮮やかに、色づく花園 文化

春の一般開放 見頃つづく

5月14日号

免疫力知り病の予防へ

免疫力知り病の予防へ 社会

24日講演

5月14日号

「里親制度」身近に

「里親制度」身近に 社会

22日 講演や体験談

5月14日号

子育て支援スキル養う

子育て支援スキル養う 教育

全9回講座

5月14日号

川崎市、集団接種を開始

コロナワクチン

川崎市、集団接種を開始 社会

次回予約受付は15日

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter