多摩区版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

声優の夢 障害と歩む こばやしこのみさん ラジオドラマ出演

文化

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena
完成したCDを手にするこばやしさん(右)とナヲキングさん
完成したCDを手にするこばやしさん(右)とナヲキングさん

 コミュニティ放送・かわさきFM(79・1MHz)内の番組で今年1月から放送されている、川崎市を舞台にしたラジオドラマ『w(ar)nder world(ワンダーワールド)』。「鬼滅の刃」「ジョジョの奇妙な冒険」「NARUTO」等に出演する著名な声優陣がそろう中、オーディションで新人声優も起用されている。その一人が、市内で生まれ育ち、「性同一性障害」と「発達障害」に向き合う、こばやしこのみさん(26・菅在住)だ。=人物風土記で紹介

 中高時代からネットラジオに取り組んだり、養成所に通ったりと、声優を志してきたこばやしさん。トランスジェンダーの自身が主人公のドキュメンタリー映画(2019年)では、ナレーションを務めた。「実績はこのナレーションだけ。探してはいたけれど、『〇歳以上の男性』とか性別の条件があって、自分に当てはまらない役がほとんど」。そんな中で昨年、今回のラジオドラマの声優募集を発見。「川崎だ、と思って。縁を感じた」。性別記載もなく、初めて自ら手を挙げた。

 川崎市を舞台に、特殊な能力を持った少年少女が正義を守るために争う姿を描く今作。企画・制作を手掛けたナヲキングさん(40)は「(こばやしさんが)川崎への思いをメールで送ってくれて、熱意を感じた」と振り返る。発達障害による適応障害の症状から稽古が難しくなったこともあったが、ナヲキングさんがメールや録音音声での演技指導に切り替えるなど工夫。1月22日に無事収録を終えた。こばやしさんは「やり方を配慮してくれて、理解できるように細かく教えてくれてありがたかった。声優は自分の力だけではできない」と、感謝の思いを語った。

 ラジオドラマ「ワンダーワールド」は毎月第4木曜日、午後7時からの番組「ぐるっ人川崎」内で放送。12月23日までの全12話。次回は4月22日、こばやしさんも出演している第4話を公開する。全話収録のCDも先月発売。

多摩区版のローカルニュース最新6

アウェーで2勝

川崎BT

アウェーで2勝 スポーツ

連勝6、好調維持

4月9日号

22年ぶり「日本一」

市内中学生水球チーム

22年ぶり「日本一」 スポーツ

稲中生4人がメンバーに

4月9日号

サボテンにっこり

サボテンにっこり 文化

緑化センター

4月9日号

未指定「文化財」募る

未指定「文化財」募る 文化

市顕彰制度、4年目に

4月9日号

開放日、のびのびと

開放日、のびのびと スポーツ

生田緑地ゴルフ場

4月9日号

自動車文庫たちばな号

自動車文庫たちばな号 文化

月2巡回

4月9日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】4/5(月)午前9時10分オープン!コロナ感染症予防対策実施中!

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク