多摩区版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

第41代の多摩警察署長に先月就任した 信澤 公昭(たかあき)さん 多摩区在住 58歳

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena

旧交温め、一枚岩で臨む

 ○…14年前、生活安全課長として過ごした多摩署に、署長として帰ってきた。「多摩区は防犯意識が高いまちで協力的。自分のことを覚えてくれていた地域の方もいて感激し、やる気が出た」。前任は職員の不適正事案を扱う監察官。多くの事案に対峙し、現場の危機意識の低さに組織の弱さを感じた。「治安を維持する警察が強くなければ区民を守ることはできない」。思いを強くする。

 ○…警察官にあこがれて10歳で剣道を始め、中高では主将に。県警に入ると、20代の大半は機動隊で武道訓練員として鍛錬する日々を送った。逮捕術特別訓練員にも選ばれ全国大会に3度出場。警部補として臨んだ30歳のとき、優勝した。「機動隊での訓練は苦しくてきつい。苦しいことがあったから今がある」。以来、生活安全部をはじめ警務、交通ほか幅広い分野を経験し、今春24回目の異動。「刑事部以外は全て携わった」と、培ったものを生かす。

 ○…横浜市出身。ウルトラマンや刑事ドラマに影響を受けた少年期は、「やんちゃだけど女の子を助けたり、正義感は強かった」。今は3人の父となり、休日は中学生の次男とキャッチボールをしたり、横浜市内の自宅では日曜大工に勤しむ。日課は早朝の散歩。多摩署赴任後は区内各地を散策してきた。「二ヶ領用水や生田配水池、枡形山。多摩区に住むことで新しい発見があった」

 ○…警察人生40年。組織の一員として「周りの人に恵まれた」と、関係づくりや連携も重んじてきた。「失敗してもいいから積極的に」「多くの現場を経験して力をつけてほしい」と、若い警察官に教えたいことは尽きない。「早く署員の名前を覚えて、一人ひとりに話しかけたい。心を通わせて伝えられたら」。後進へ思いを託す。

多摩区版の人物風土記最新6

古川 由美子さん

東京五輪の聖火リレーで民間枠のランナーとして6月に大磯町を走る

古川 由美子さん

県立多摩高校出身 56歳

5月7日号

高橋 英司さん

小田急線の登戸―百合ヶ丘間(5駅)を管轄する登戸駅長に、今月就任した

高橋 英司さん

登戸在勤 51歳

4月30日号

伊藤 直人さん

多摩区ソーシャルデザインセンター(SDC)で今春から学生代表を務める

伊藤 直人さん

麻生区在住 20歳

4月23日号

信澤 公昭(たかあき)さん

第41代の多摩警察署長に先月就任した

信澤 公昭(たかあき)さん

多摩区在住 58歳

4月16日号

藤井 智弘さん

23代目の多摩区長に、4月1日付で就任した

藤井 智弘さん

川崎区在住 57歳

4月9日号

こばやし このみさん(本名:小林 空雅)

「性同一性障害」と「発達障害」を抱えながらラジオドラマの声優に臨んだ

こばやし このみさん(本名:小林 空雅)

菅在住 26歳

4月2日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter