多摩区版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

小田急線の登戸―百合ヶ丘間(5駅)を管轄する登戸駅長に、今月就任した 高橋 英司さん 登戸在勤 51歳

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena

枠超え、新しさ追求

 ○…小田急電鉄に入社し33年。小田原駅の副駅長を経て、登戸駅のトップに就いた。「仲間の仕事に関心を持ち、気づいたことがあれば声をかけ合ってほしい」。アルバイトを含め、駅員約130人に向けてメッセージを発信。「コロナ下で今までと同じことをやっていてもダメ。新しいことにチャレンジしよう」。力強い眼差しをみせる。

 ○…鉄道マンとして「一つの財産」と言い切るのが、2016年夏から4年ほど在籍した本社の旅客営業部。営業企画のリーダーとして「イベントを通じて沿線の新たな魅力を感じてもらい、いかに小田急線に乗ってもらうか」考えた。2年目で迎えた開業90周年では、複数駅を回って謎解きのヒントを集める初のイベントを実現。2カ月で約5千人が参加し、夏の恒例企画になった。

 ○…海老名市で生まれ、父親まで3代にわたり国鉄勤務という家系で育った。高校を出て、ごく自然に一番身近な鉄道だった小田急へ。町田を始点に、代々木上原や藤沢など数多くの駅で駅員を長く務めてきた。入社前は「制服姿の駅員は怖い」というイメージを抱いていたが、「頼れる身近な存在でありたい」と強く願うように。駅員として乗客から叱られることもあったが、笑顔で「ありがとう」の一言が何よりの支えだった。「それに尽きる。やっててよかったなと」。その感触は今も心に刻む。

 ○…赴任地として初の多摩区で、駅の避難場所にあたる多摩川や多摩市民館を訪問。趣味のマラソンで「いつか大会で河川敷を走れたら」と密かに夢見る。地域連携を掲げる企業として「民家園通り商店会をはじめ、地元のいろいろなイベントで交流したい」とも。「今までにやったことのない新しい仕掛けに挑戦する」。そう誓った。

多摩区版の人物風土記最新6

吉澤 朋充さん

新庁舎が完成した多摩区役所生田出張所で、所長に今春就いた

吉澤 朋充さん

登戸在住 56歳

6月25日号

関山 浩司さん

登戸区画整理事務所の所長に、今春就いた

関山 浩司さん

長尾在住 55歳

6月18日号

金丸 照光さん

多摩区PTA協議会の会長に先月就いた

金丸 照光さん

枡形在住 48歳

6月11日号

加藤 健太さん

水球チーム「コンバット」監督として全国を制し、新体制で夏に挑む

加藤 健太さん

長尾在住 30歳

6月4日号

中川 龍太郎さん

多摩川を舞台にしたHulu配信ドラマ「息をひそめて」の監督・脚本を務めた

中川 龍太郎さん

登戸在住 31歳

5月28日号

斉藤 幸伸丸(こうしんまる)さん(本名:斉藤伸介)

プロボクサーとして7月26日、42歳で再起戦に挑む

斉藤 幸伸丸(こうしんまる)さん(本名:斉藤伸介)

川崎新田ジム所属 42歳

5月21日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter