多摩区版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

まんが原画680点 藤子ミュージアムで10周年展

文化

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena
入り口を彩るイメージ展示
入り口を彩るイメージ展示

 9月3日に開館10周年を迎える、長尾の「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」(宮野哲也館長)。多摩区ゆかりの同氏のまんが原画約680点を1年間、4期に分けて展示する「10周年記念原画展」が今月幕を上げた。

 1951年にまんが家としてデビューした同氏(本名・藤本弘)は、安孫子素雄氏と2人で藤子不二雄として活動。多摩区には61年から居を構えた。87年にコンビ解消後は藤子・F・不二雄として「ドラえもん」など誰もが知る児童まんがを数多く手がけた。

 今展ではデビュー作「天使の玉ちゃん」以降、「パーマン」「オバケのQ太郎」「大長編ドラえもん」シリーズなど代表作を、90年代まで年代別に展示。3カ月ごとに展示内容を入れ替え、来年6月30日まで開催する。

 通常、原画の展示は複製と本物を入れ替えるが、今展では4期にわたるためほとんどが本物。その半数以上が館内初展示という。宮野館長は「過去最大枚数の原画展。先生はいろいろな切り口、角度でまんがを執筆されてきた。あらゆる層にファンになっていただきたい」と強調。「親子3代で来ていただくことも多く、つながっていくことが大切だなと感じる。先生の作品には人の本質のようなものが入っていて、歳をとっても子どもでも何となく感じるものがあるのでは。ベースのような部分がこのミュージアムにはある」と胸中を語る。

 先月30日、内覧会を訪れた福田紀彦市長は「4月には来場者400万人を数え、川崎市を代表する、世界に誇る文化施設になった。『きっと未来は明るい』と思ってもらえるような展示になれば」と思いを込めた。

 問合せは同館【電話】0570・055・245。
 

初展示の原画「Uボー/雲にのりたい」1976年 (C)Fujiko-Pro
初展示の原画「Uボー/雲にのりたい」1976年 (C)Fujiko-Pro
内覧会で思いを語った、藤子ミュージアムの赤津一彦社長(右)と福田市長
内覧会で思いを語った、藤子ミュージアムの赤津一彦社長(右)と福田市長

多摩区版のローカルニュース最新6

月下美人の開花、動画撮影に初成功

【Web限定記事】川崎市緑化センター

月下美人の開花、動画撮影に初成功 文化

インスタグラムで配信中

8月12日号

推薦本101冊を展示

専修大生

推薦本101冊を展示 文化

多摩図書館 8月末まで

8月12日号

試合チケットプレゼント

8月27日 川崎フロンターレ対鹿島戦

試合チケットプレゼント スポーツ

8月12日号

義援金 大使館へ

民家園通り商店会

義援金 大使館へ 社会

夏まつり経て、16万円超

8月12日号

聖なる生き物描く

岡本太郎美術館

聖なる生き物描く 文化

小松美羽展で、親子16組

8月12日号

金内さんへ感謝状

多摩署

金内さんへ感謝状 社会

盗撮容疑者を捕まえ

8月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook