多摩区版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

50周年を迎える「かわさき宙と緑の科学館」で、今年度から館長を務める 藤田 智也さん 枡形在勤 51歳

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena

対話重ね、思い交わす

 ○…今春、半世紀の歴史を刻む科学館の館長に着任。引き継ぎの際、プラネタリウムの美しい星空に衝撃を受けた。「あの感動を、市民の皆さんにも伝えたい」。50周年の記念番組制作では、学芸員ら職員に交ざって試行錯誤。「映像と音と解説をどう効果的にみせていくか。結構こだわった」と目を細める。「さまざまな考えを持つスタッフが集まっている。皆が声を出し合える館をつくっていけたら」

 ○…市職員になったのは39歳のとき。社会人採用で教育委員会に配属され、労務関係の仕事から始まった。4年目からは教職員課へ。教員採用に携わり、全国への広報や面接、試験などを通じて「人とつながる経験ができた」と振り返る。校舎や体育館の改修を担う部署では、登戸小や三田小を担当したことも。前部署は課長として在籍した学事課。「人を動かす立場」で3年間職員と向き合い、今に生かす。

 ○…名古屋で生まれ、岐阜や北海道、千葉と、転勤族の家庭で育った。居を移しながらも、友人と昆虫を捕って遊んだ記憶を生田緑地と重ねる。大学では法律を学び、前職は10年以上勤めた公務員専門学校の講師。同校は、学生の意見を反映させるゼミ形式が主体だった。「生徒が自分たちで考えて、教え合う」。一方通行の指導にならぬよう、思いを注いだ。

 ○…科学館へは千葉県船橋市から2時間弱、電車に揺られて出勤。一方休日は、中2の息子とキャッチボールを楽しむのが息抜きだ。50周年の企画が続く中、「市民と共に歩み、歴史を重ねてきた科学館。先輩方が築き上げてきた思いが詰まっている」と、改めて心に刻む。「ここでの気づきが、科学だけでなくいろんなことを考えるきっかけになれば」。来館者にそっと寄り添う。

多摩区版の人物風土記最新6

星川 光明さん

多摩区暴力団等排除協議会の会長を務めて12年目になる

星川 光明さん

菅北浦在住 61歳

9月24日号

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

音楽家で「1000人合唱」プロジェクトを企画した

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

西生田在住 47歳

9月17日号

岸 忠宏さん

多摩区医師会の会長に就き、3年目を迎えた

岸 忠宏さん

栗谷在住 62歳

9月10日号

田中 輝夫さん

多摩消防ボランティア委員会の委員長を今年度から務める

田中 輝夫さん

南生田在住 72歳

9月3日号

近藤 充紀さん

多摩区民生委員児童委員協議会の会長で、委員として20年目になる

近藤 充紀さん

菅野戸呂在住 76歳

8月27日号

内山 恵太さん

区画整理が進む登戸で、小さなマルシェ「ちょいマル」を運営する

内山 恵太さん

専修大学3年 21歳

8月20日号

育児・家事の両立OK!

第一生命 南多摩営業オフィス(☎050-3782-2906 担当:石山)

https://dai-ichi-life-career.jp/outline/index.html

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】9/21(月)16時~予定!中野島エリア(本店他)駐車場完備

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook