多摩区版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

中学軟式野球菅フェニックス 「伝統」胸に初舞台へ 8月 県代表で全国大会

スポーツ

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena
選手とコーチ陣
選手とコーチ陣

 中学生軟式野球クラブの日本一を決める「びわこカップ」に8月、神奈川県2代表の1チームとして初出場する「菅フェニックス」。多摩区菅地区を拠点にし、創部63年の歴史を持つ名門クラブが全国代表24チームの頂点を目指す。初戦は10日、彦根球場(滋賀県)で広島サンズと対戦する。

 菅フェニックスは昨秋、関東中学生軟式野球クラブリーグ秋季大会の予選ブロックを首位通過し、決勝トーナメントで2試合に勝利。準決勝で惜しくも敗れたが、第11回「全日本少年軟式野球クラブチーム選抜大会」(びわこカップ)への出場権を得た。

 同クラブの全国大会出場歴は、中学校の野球部も参加する夏の「全日本少年軟式野球大会」に過去3度で、最高成績は3位という。びわこカップに向け、「全国という大舞台は選手にとって貴重な経験。自分の力を最大限発揮して、今後の人生の糧にしてほしい」と井口竜也代表(57)。大村保延監督(48)は「県内でも決して強い方ではないが、一球一球のプレーを大切に、強豪の胸を借りる姿勢で臨む」とし、「まず一勝、その積み重ねの先に優勝がある」と前を向く。エース投手で4番打者、主将の阿野太亮君(南菅中3年)は「試合中は周りのみんなのプレーを見て、ミスがあれば声をかけて良い雰囲気をつくっていきたい」と力を込める。

菅町会と交流

 多摩区を中心に麻生区や宮前区、狛江市などから選手が集う同クラブ。特に地元の菅地区はOBも多く、菅町会(濃沼健夫会長)主催の運動会や菅ふるさと祭りで選手が行進するなど、長年交流が続いている。多摩川河川敷を活動拠点にする縁で、川崎市の多摩川美化活動では同町会メンバーと一緒にごみ拾いも。濃沼会長は「菅からのチームとして、町会で応援している。地元の声援が少しでも勇気になるように、これからも支援を続けたい」とエールを送る。

 1958年創部の同クラブは、中学生の軟式野球クラブとして全国でも先駆的に始動。現在は3学年で部員34人が在籍する。高校や大学、社会人野球などを経験するコーチ陣が5、6人体制で指導。野球を通じて、礼儀やあいさつをはじめ、高校やその後の人生につながる学びを重視するのが伝統という。
 

練習に汗を流す選手ら=22日
練習に汗を流す選手ら=22日

育児・家事の両立OK!

第一生命 南多摩営業オフィス(☎050-3782-2906 担当:石山)

https://dai-ichi-life-career.jp/outline/index.html

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】9/21(月)16時~予定!中野島エリア(本店他)駐車場完備

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 スポーツ

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

光と泡、川崎に活力を

照明家×シャボン玉

光と泡、川崎に活力を 社会

市内在住の2人がコラボ

9月17日号

伊佐選手 中野島に感謝

川崎新田ジム

伊佐選手 中野島に感謝 スポーツ

新・日本ユース王者 地元凱旋

9月10日号

みどり愛護で大臣表彰

多摩区3団体

みどり愛護で大臣表彰 社会

日向山と長沢、根岸古墳

9月10日号

きょう、開館10周年

藤子ミュージアム

きょう、開館10周年 文化

登戸駅装飾など 魅力発信

9月3日号

シャボン玉と残す風景

登戸まちなか遊縁地

シャボン玉と残す風景 社会

有志ら 空き地で撮影会

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook