多摩区版 掲載号:2021年9月3日号 エリアトップへ

登戸まちなか遊縁地 シャボン玉と残す風景 有志ら 空き地で撮影会

社会

掲載号:2021年9月3日号

  • LINE
  • hatena
シャボン玉オヤジが、夜の空き地で照明等も交えて演出
シャボン玉オヤジが、夜の空き地で照明等も交えて演出

 区画整理で変わりゆく登戸を舞台に、シャボン玉と空き地が共演--。地域活性と空き地活用を掲げたイベント「登戸まちなか遊縁地」を手がける実行委員会が、「シャボン玉オヤジ」や地元のグラフィックデザイナーらと連携。今の風景を写真で残そうと、8月28日に空き地で撮影会が行われた。

 この企画を主導した登戸まちなか遊縁地実行委員会(黒崎泰由代表)は、登戸地区の空き地に遊具やステージ、出店ブースを設けて野外イベントを開催してきた市民団体。今回、生田緑地など区内外で独自のシャボン玉を飛ばすパフォーマンスを行う「シャボン玉オヤジ」や、登戸地区の街並みを写真に収めてインスタグラムで記録する活動を広めるスミナツコさんらが協力した。

多分野の力、結集

 「都市開発が進む登戸の空き地で、カメラマンを集めてシャボン玉撮影会ができないか」。シャボン玉オヤジから多摩区地域振興課に提案が投げかけられたのは6月ごろ。同課と登戸区画整理事務所の働きかけで、遊縁地の委員やスミさんとの連携が実現した。

 当初は参加型イベントを計画していたが、コロナ感染状況を踏まえ、関係者のみで行う非公開形式に。夕方から登戸1号線や2号線、線路沿いなど空き地4カ所を移動。スタッフの子どもたちもシャボン玉を飛ばしながらの撮影会となった。

 「残したいまちの写真」「登戸」などのハッシュタグで、インスタグラムに写真を保存するスミさんは、この日もカメラを手に奔走。「今しかないこの景色をシャボン玉と一緒に写すことで、記憶に残せれば」と思いを寄せた。

 シャボン玉オヤジは最後の会場で、色付きの照明器具や音響を活用。色とりどりに染まったシャボン玉を飛ばす演出を約30分にわたり披露した。10年以上の活動の中で夜のパフォーマンスは初といい、「不安はあったが周りの協力があって何とかできてよかった。コロナが収まったら盛大にやりたい」と思いを語った。この日の終わり、遊縁地の黒崎代表は「コロナ下でひっそりとした開催になったが、いい思い出になったと思う」と参加者へ語りかけた。

夕暮れ時に、登戸2号線でも各々で撮影
夕暮れ時に、登戸2号線でも各々で撮影

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

男子 県4連覇で全国へ

生田HCボンバーズ

男子 県4連覇で全国へ スポーツ

女子も関東、心一つに

7月1日号

7年目、課題を検証

中野島つながり愛

7年目、課題を検証 社会

協議会 「周知不足」解決へ

7月1日号

団体5連覇で全国へ

向の岡工業相撲部

団体5連覇で全国へ スポーツ

苦境越え、30回目の県優勝

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 社会

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

生田G.Gが初の全国へ

シニアソフトボール

生田G.Gが初の全国へ スポーツ

絆深め、結成10年の悲願

6月17日号

ワクチンの今後、討論

多摩病院

ワクチンの今後、討論 社会

市立看護大学長ら シンポ

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook