多摩区版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

「登戸」 の語源説を考える 寄稿  郷土史家・山口醇(栗谷在住)

文化

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
登戸付近の多摩川
登戸付近の多摩川

 「登戸」という地名には、忘れ得ぬ思い出が二つあります。まず、約50年前、小田急線で初めて見た駅名「登戸」。つぎに、約20年前、柳田國男の『遠野物語』で知られるカッパ淵ちかくで見たバス停名「登戸」。 それから、「登戸」の語源の謎に取り付かれました。



 たまたま、日本最大の『日本国語大辞典』をひもとき、「登る」の語釈(意味)を見直しました。 なんと、「低い所から高い所へ移動する」や 「水上、水中から陸上へ移る」などの語釈が15もあります。

 「水上、水中から陸上へ移る」とは、「川が干あがる」現象も意味します。「川が干あがる」現象の一因は、「川の流路変遷」です。「戸」は「所、場所」の意を表わします。

 よって、「登戸」の語源は、「多摩川の流路変遷によって陸地になった所」と考えられます。



 1559 (永禄2) 年に成立した『小田原衆所領役帳』にある次の文言に、「多摩川の流路変遷」の証しがあります。

「太田新六郎知行 十二貫五百文 多波川北駒井登戸」

 この文言中の「多波川北駒井登戸」は、当時、駒井(狛江)と登戸は地続きで、多波川(多摩川)の北(左岸)に並存した証しであり、多摩川の流路変遷を物語ります。



 旧来の語源説は、「登る」の意を「低い所から高い所へ移動する」に限定したようです。地形的にも、「登る所」などの有力説は釈然としません。

 もちろん、「登戸」の「アイヌ語説」や「瑞祥地名説」は論外です。

多摩区版のローカルニュース最新6

南無阿弥陀仏貴重な三尊塔

第4回川崎市地域文化財を紐解く【1】

南無阿弥陀仏貴重な三尊塔 文化

光明院・六字名号塔群

12月3日号

高校生 成果発表へ

ワカモノ未来PROJECT

高校生 成果発表へ 教育

14人がアイデア実践

12月3日号

川崎との歩み語る

日本地名研究所

川崎との歩み語る 文化

文化賞受け、12日に講演会

12月3日号

ソロ演技で全国3連覇

枡形一輪車岩佐そよさん

ソロ演技で全国3連覇 スポーツ

中学生の部、惹きつけ制す

12月3日号

登戸河川敷に「一日パーク」

市・小田急

登戸河川敷に「一日パーク」 文化

スケボーなど100人体験

12月3日号

3D板紙コマを工作

川崎北少年少女発明クラブ

3D板紙コマを工作 教育

12月11日 ワークショップ

12月3日号

長尾町会

長尾会館(多摩区長尾7-20-3/☎044-857-4340)

http://www.tamaku-chouren.com/

有限会社アイディーエー

あじさいまつりを応援しています 宮前区神木本町1-3-8

https://www.kanagawa-takken.com/detail/00071402697/

天台宗 長尾山 妙楽寺

川崎市多摩区長尾3-9-3(あじさい寺)/☎044-922-3653

https://www.city.kawasaki.jp/880/page/0000000092.html

髙橋商店

川崎市多摩区長尾6-25-2

有限会社井田土建

多摩区長尾7-4-4 ☎044-911-3985

社会福祉法人 三神会

川崎市宮前区神木本町5-12-15 TEL:044-871-2010

https://sanshinkai.or.jp/

【つつじ寺】神木山 等覚院

川崎市宮前区神木本町1-8-1 TEL:044-866-4573

https://www.tougakuin.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook